アルツハイマー病、治療に向け画期的研究結果…超身近なウイルスが関与か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1575419907.jpg

アルツハイマー病の治療薬の可能性!

 米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のジョエル・ダッドリー氏らの研究チームは、「アルツハイマー病の発症に2種類のヒトヘルペスウイルス(HHV)が関与している可能性が高い」とする研究成果を、科学雑誌「Neuron」(6月21日オンライン版)に発表した。

 発表によると、アルツハイマー病患者の脳では、健常者の脳と比べるとヒトヘルペスウイルス6A(HHV-6A)とヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)が約2倍も多く、これらのウイルスは、アルツハイマー病のリスクを高める遺伝子と相互に作用する事実が判明した。

 HHV-6(HHV-6AとHHV-6B)とHHV-7は、ほとんどの人が主に乳幼児期に感染する身近なウイルスで、特にHHV-6は乳児期の突発性発疹の原因となる。

 また、これらのウイルスは単純ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルス、エプスタイン・バー(EB)ウイルスなどのヘルペスウイルスと同様に、感染後に体内で休眠状態となり、ある時点で再活性化しやすい。ダッドリー氏によれば、これらのウイルスは特に神経毒性が強く、アルツハイマー病以外のさまざまな神経疾患との関連が認められるが、ウイルスが活性化する機序は未解明だった。

 ダッドリー氏らは、アルツハイマー病患者とアルツハイマー病ではない対象群から死亡後に採取した600以上の脳組織を用いて遺伝子解析を行い、データを比較した。

 その結果、HHV-6AとHHV-7の遺伝子は、アルツハイマー病のリスクを高める遺伝子の活性化あるいは抑制に働き、複雑に相互に影響し合っている可能性があることがわかった。

 さらに、米メイヨー・クリニックとラッシュ・アルツハイマー病センターで採取した約800の脳組織を用いて遺伝子解析を行ったところ、アルツハイマー病患者の脳ではHHV-6AとHHV-7が有意に増加していた。

 ダッドリー氏は「今回の結果は、アルツハイマー病の原因解明につながる可能性がある。免疫系を標的とした新たな治療法の開発に向けた足掛かりとなるだろう」と期待を寄せている。

 米アルツハイマー病協会のキース・ファーゴ氏も「アルツハイマー病に細菌やウイルスが関与する可能性はこれまでにも指摘されてきたが、今回の研究で信頼性が高まった。アルツハイマー病の発症にウイルスが関与しているなら、抗ウイルス療法や免疫療法を新たに開発できるが、さらなる研究が必要だ」と指摘している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆