「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1558518124.jpg

夜勤はどこまで体に悪い!?

 セブンイレブンの24時間営業問題では、営業時間短縮の実験が3月から直営店10店で開始しされ、その後、4月下旬時点の約100店となり、さらに広がりを見せているという。同社の看板でもある24時間営業が新しい社会情勢に対応せざるを得ない形となっている。

 一方、より健康面のリスクに焦点を絞って「夜勤」や「交代勤務」の改革を再考せざるを得ないような報告が、『Occupational & Environmental Medicine』(3月25日オンライン版)に掲載された。

 ビスペビャー・フレデリクスベー大学病院産業環境医学部(デンマーク)のLuise Moelenberg Begtrup氏らが、自国の公立病院に勤務する女性の医療従事者ら2万2744人(2007~2013年に妊娠した看護師や医師)を対象に実施した観察研究の結果は衝撃的だった。

夜勤が増えるほど流産リスクが増す

 研究の主題は「夜勤と流産の関連」を探るものだったが、対象群の累計妊娠平均週数は19.7週、うち44%は妊娠3~21週の「夜勤」を体験していており、その回数は中央値で9回を示した。

 この研究では、全体の8.5%に相当する1889人が「流産」し、妊娠8週以降で「週2回以上の夜勤」経験者の例では(夜勤をしなかった場合に比べて)翌週の流産リスクが「32%増加する」との解析結果も判明した。

 また、妊娠3~21週では、夜勤が増えるほど流産リスクが増加する傾向も読み取れた。ちなみに欧州諸国の推計では、女性労働者の14%が「月1回以上の夜勤をする」と弾き出されている。夜勤労働者は世界中で700万人を数え、世界労働人口の20%に当たると推計されている。

「今回の解析データは、働く妊婦自身ばかりではなく、彼女らの雇用主や医師ならびに助産婦にも重要な結果を示している。ひいては、各国の労働衛生法にも影響を及ぼしかねない可能性があるだろう」とMoelenberg Begtrup氏は警鐘を鳴らす。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆