患者は医師にウソをつく――虚偽の申告は費用負担増や誤診の危険性も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも患者と医師の間の溝が浮き彫りに

 日本でもウソの実態調査がある。

 アンケート「あなたは、医師にウソをついたことがありますか?」(日経メディカル オンライン2011年2月17日公開)を見てみよう。

 アンケートの結果、「医師にウソをついたことがある患者は59.4%」で、「自分がついたウソは医師にばれないと思った患者は52.4%」だった。また、ウソが「ばれなかった」と回答した男性は約30%だが、女性は約75%にも上っている。

ウソの内容は「症状に関して思い当たる原因(36.4%)」「服薬状況(34.0%)」「飲酒・喫煙などの生活習慣(31.6%)」「受診時の症状(29.1%)」だった。

 しかし、患者のウソを見抜いている医師も多いようで、医師に対しての調査ではおよそ8割以上が「患者にウソをつかれたことがある」と回答している。

 一方、「医師にウソをつかれた(と感じた)ことがある患者は31.1%だった。

 別の調査も見よう。

 Qlifeは1,074人を対象に「医療者・患者間のコミュニケーション事情に関する調査」を実施した(調査時期:2010/01/22~ 2010/02/28)。

 その結果、医療者にウソをついたことがある患者は28%で、男性は5人に1人、女性は3人に1人、30-50代に多いことがわかった。一方で「医療者に対してウソをつくという発想自体がない」とする患者も少なくない。

 ウソの内容は「症状を実際よりも軽く/重く言う」、「服薬状況(きちんと飲んでいるフリなど)」、「生活習慣(喫煙など)」、「数値(体温や体重など)」、「原因の虚偽申告」だった。

 「男性に多いウソ」は症状や喫煙習慣に関するもので、「女性に多いウソ」は 服薬状況や食事内容、体重申告に関するものだった。

 「ウソをついた理由」は「恥ずかしい」「医師/看護師に怒られたくない」「費用を軽減したい」「保険適用を受けたい」「処方量を減らしたい/増やしたい」「治療を早く終わらせたい」などが目立つ。しかし、ウソをついたことにより費用負担が増えたり、最適な治療が受けられなかったりする人もおり、ウソを後悔している人も少なくないようだ。

 さて、こうして「患者のウソ」の実態を見ると、患者と医師のコミュニケーションの溝は深いと分かる。患者の羞恥心や恐怖心もまた深い。だが、希望を医師に率直に伝えれば、ウソをつかなくても解決策が提示される可能性もある。医師に話すのは難しければ看護師など他の医療者でもいい。「天に唾すれば我が身に降りかかる」とならないためにも、正直に話すことが大切だ。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫