症状の訴えは「きゃりーぱみゅぱみゅ」的に! その一言で、治療効果と満足度がアップ!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
onoto.jpg

「ピリピリ」「ゼエゼエ」の表現は効果アリ(shutterstock.com)

 今度の医師とは妙に相性がいい。歴代の先生より親身の度合いが濃く思える。自ら病院を変えたり、訳あって担当医が交替した際、そう想われた経験はないだろうか。

 所詮、患者(こちら)側の主観に過ぎないとしても、苦手意識よりは好感度を抱けるほうがいいのは、医療現場でも同じだろう。

では、医師に親近感や信頼感を覚える理由はどこにあるのだろうか。

 もしかしたら、医師との診療中に「オノマトペ(擬音語・擬態語)」が介在しているかもしれない。

 初診で症状を訴えた際に、あなたもしくは医師が「ピリピリ」「ゼエゼエ」などの表現が用いられ、思わず「そう、そう」とイメージを共有し、一気に距離感が縮まったことはなかっただろう?

オノマトペで病の正体を追いつめる

 オノマトペ(仏:onomatopee)とは自然界の音や声、ものごとの動きや状態などを音(おん)で象徴的に表わした語のこと。

 漫画王国の日本人にはおなじみの表現であるが、NHKのドラマ発の流行語「じぇじぇじぇ」や「きゃりーぱみゅぱみゅ」の芸名、あるいは「モフモフ」などもその範疇に含まれる。

 このオノマトペがいま、患者の症状を表わすのに適し、医療現場でも活用が拡がっているという調査が報告されている。

 昨年、日本ヘルスコミュニケーション学会誌に載った『診療コミュニケーションにおける擬音語・擬態語の使用傾向と効果的運用について』が、その話題の論文だ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫