怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後のビジョン

 医療や健康に関して、さまざまな情報を持っているため、周囲からは「齋藤さんは健康オタク」と揶揄されることもある。当人にそのことを問うと、「健康オタクというより、サッカーのために生きているだけであって、サッカーを辞めたらこんなにこだわりません」と苦笑いする。「自分は今サッカーが好きで、サッカーを仕事として生きていく上で、後悔しないためにいろんなことをしているだけ」と話す。

 今後のビジョンについては「正直、言い方は悪いかもしれませんが、“行き当たりばったり”です。逆に、今をおろそかにしたくない。今日一日を大切にしたいんです。これからワールドカップも行きたいし、日本代表としてピッチに立てていない悔しさもすごくあります。ただ、今やれること、自分が課題にしていることをやるのが大切」と述べる。

 最後にフロンターレに移籍してよかったことを尋ねると、「サッカーがすごく楽しい」と思わず笑顔になった。

「止めて蹴るっていうことを大切にしているクラブで、来てよかったし、自分自身も勉強になることがたくさん。移籍して結果を残すという意味では苦しみも味わっていますが、この移籍は自分の人生を考えた時に、やっぱり人生のプラスになるだろうと思っています」

 齋藤選手が再び輝きを取り戻し、日本代表のピッチに戻ってくる日を待ちたい。
(取材・文:名鹿祥史)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫