脂肪吸引手術のリスクとは? 考え得るリスクと死亡原因

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪融解術でもリスクはある

 このように、脂肪吸引術の明確なエビデンスはなく、標準的な手技も確立していない。また、脂肪を凍結して除去する冷却脂肪融解術についても、リスクがあるという報告がされている。

 冷却脂肪融解術は、脂肪を凍結する装置(CoolSculpting)を皮下脂肪が気になる部位に当て、皮下脂肪細胞を破壊・排出する痩身術であり、傷跡を残さず非侵襲的に皮下脂肪を減らせる方法だ。

 しかし、米マイアミ形成外科のMichael Kelly氏らが自施設のデータを調べたところ、138人のうち1人が施術後に脂肪の塊ができる奇異性脂肪過形成を経験していたとする報告を『Plastic and Reconstructive Surgery』7月号にて発表した。

 奇異性脂肪過形成とは、皮下脂肪が蓄積し、脂肪の塊を形成する異常だ。痛みは伴わないが、侵襲的な脂肪吸引術によって取り除かなければならない。

 Kelly氏は「脂肪の塊が柔らかくなるまでの数カ月間、外見が損なわれた状態で過ごさなければならない。合併症への侵襲的な治療も欠かせない。複数回の脂肪吸引術を必要とする場合もある」と説明している。
 
 湘南美容クリニックの調査では、脂肪吸引手術を受ける人数は2007年からの10年間で、約5倍にも増えているという。しかし、合併症のリスクや、最悪の場合死に至る可能性があるということを念頭に置いておく必要があることは間違いない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫