コンタクトのまま寝て角膜が破裂! 3人に1人がコンタクトレンズを付けて就寝

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクト使用者の約3人に1人が就寝時に外していない

 さらに報告書では、外見を変えるためのカラーコンタクトなどのデコラティブ・コンタクトレンズの危険性を示した例も紹介されている。

 この症例は18歳の男性で、処方箋なしで購入したデコラティブ・コンタクトレンズを装着したまま寝てしまったところ角膜潰瘍を来たし、傷が残ってしまった。

 CDCによると、コンタクトレンズ使用者の約3人に1人が就寝時や昼寝の際にコンタクトレンズを外していないとみられている。

 専門家のひとりで米レノックス・ヒル病院の眼科医であるMark Fromer氏は、次のように説明している。

 「目を閉じていると眼に十分な酸素が届きにくくなるだけでなく、装着したまま一晩寝るとコンタクトレンズに付着した細菌が7~8時間かけて繁殖することになる」

 こうした眼の感染が原因で角膜に潰瘍ができると視力が低下し、治療しないと失明する場合もある。

 Fromer氏は「角膜潰瘍には失明の危険性があり、痛みも伴う。角膜の潰瘍から穿孔が生じたり、角膜に深い傷が残ってしまう場合もある」と説明。

 その上で、「私の患者にコンタクトレンズを装着したまま寝る人はいないが、もしそのような患者が来たら、すぐにそうした習慣をやめさせるだろう」と話している。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆