なぜ人は逆走してしまうのか? 高速道路での逆走事故は死亡率が13%

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ人は逆走してしまうのか?

①ミス通過した先に都合よくV字左折で下れそうなレーンが見えたので、そのレーンから降りる。

②徐々に減速(あるいは路側帯にいったん止めて)、後続車が来ないタイミングを狙ってUターンし、出口地点まで戻ったら再度Uターンしてから下る。

③ミスに即気づき通過距離も僅かだった場合は、車体をバックさせて出口まで戻り、事なきを得る。

③(誤って早く降りかけた場合は)後続車に十分注意を払い、料金所手前の車線上でUターンしてから出口地点をV字左折し、目的地への本線に戻る。

 正解は当然、全部が大NG!  ①は入口車線の逆走、②は本線上の逆走、③④も同様、後続車が来る/来ないの問題ではなく、高速道路は「一方通行」「バック&Uターン厳禁」の規則にいずれもが違反しているからだ。翻せば、上記例(①~④)が「およそ2日に1回」発生の主な逆走理由なのだ。

 他にも、⑤入口料金所を通過後に対面の「出口車線」を逆走してしまったり、⑥SA/PAの入口を出口と間違えて走行したり、⑦SA/PA利用後の出口から(左折でまんま合流すべきところを)、行き先(進行方向)を間違って右折して本線を逆走してしまう例もあるそうな。

 とどのつまり、「上の道」特有の高速走行下での思わぬミスが焦り(咄嗟の判断)につながり、半ば思考停止状態が次の重大ミスをうむのだろう。

 一般道路上と同様、高速道路上の死亡事故も、原因や事情はさまざま。しかし、平成23~27年の集計(高速道路会社調べ)によるデータ「高速道路会社が管理する高速道路の状況」が明かした数値には驚きを隠せない。

 高速道路上の事故が結果、「死亡事故となる割合」は事故全体が0.3%なのに対し、逆走事故事案の場合は13%と、前者の実に「約40倍」強もの高確率が示されているのだ。

 ところで、日常的にも人一倍「上の道」を利用されているという方に最後の質問。あなたは高速道路上で「逆走防止装置」ないしは「止まれ!逆走です」という標語&イラストイラスト入りの看板を見かけたことがありますか? 「イエス!」と答えたアナタ、過去に逆走したでしょう! アウト!
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇