認知症は「50歳で血圧高め」でリスク上昇! 健康寿命の明暗は「中年期に正常な血圧」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康寿命を延ばすには中年期の血圧を正常に保つこと

 Abell氏によると、高血圧は一過性脳虚血発作(TIA)や脳白質の損傷、脳への血流不足などを引き起こす可能性が指摘されているという。

 また、この結果から、中年期の早くから血圧が高い状態が続くほど認知症リスクは高まることが示唆され、「健康寿命を延ばすには中年期の血圧を正常に保つことが重要だ」と同氏は強調している。

 専門家の一人で米アルツハイマー病協会のHeather Snyder氏は、この結果は脳と心臓の健康は直接関係するとした既存の報告を裏付けるもので、「認知症予防のためにこの結果をどう生かしていくべきか、真剣に考えるべきだ」とコメントしている。

 その一方で、米マウントサイナイ医療センターのSam Gandy氏は「一定の年齢を過ぎると血圧を下げても認知症を予防できない可能性が示されている」と話す。

 そして、「血圧が高い状態が長期間続いた人は、身体がその状態に慣れていて、血圧を下げるとかえって認知機能に悪影響が出る可能性がある」とも述べている。

 いずれにしても脳の機能維持の秘訣のひとつは、正常な血圧の管理に努めることなのかもしれない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇