糖尿病・心臓病・喘息・腰痛……慢性的な病気に悩む人が運動を始める際の4つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓病・腰痛・関節炎・糖尿病・喘息、それぞれの運動効果は?

 また、それぞれの慢性疾患患者が運動で得られるベネフィットは次のとおり。

●心臓病:定期的な有酸素運動とインターバルトレーニング(間欠的運動)の効果は、特に心臓で大きく、心血管系のフィットネスが増強される。

●腰痛:体幹トレーニングを行うと脊椎の周辺の筋肉が強化され、脊椎の支えが安定する。

●関節炎:運動すると関節を支える筋肉が強化され、身体を動かしやすくなる。同時に筋肉のこわばりも改善する。

●糖尿病:運動をするとインスリンを効率的に利用できるようになり、血糖値が低下する。

●喘息:運動により発作のコントロールが楽になる。

 慢性疾患の管理のため、しばらく運動を止めていた患者は、どの運動だったら安全で、どのような安全対策を講じておくべきか、また、めまいや息切れ、胸痛など、どのような症状が現れたら運動を止めるべきなのかを、事前に医師に相談しておく必要があるという。

 Travers氏は「慢性疾患の中でも、糖尿病患者は特に注意が必要だ。運動は血糖値に影響を及ぼすため、運動時の過度な血糖値の低下を防ぐ対策などについて医師と十分に話し合う必要がある」と強調している。

 運動を始める際には、その強度にも気をつけて、運動中に会話ができる程度の軽い運動から始めるのがよいと付け加えている。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆