糖尿病・心臓病・喘息・腰痛……慢性的な病気に悩む人が運動を始める際の4つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓病・腰痛・関節炎・糖尿病・喘息、それぞれの運動効果は?

 また、それぞれの慢性疾患患者が運動で得られるベネフィットは次のとおり。

●心臓病:定期的な有酸素運動とインターバルトレーニング(間欠的運動)の効果は、特に心臓で大きく、心血管系のフィットネスが増強される。

●腰痛:体幹トレーニングを行うと脊椎の周辺の筋肉が強化され、脊椎の支えが安定する。

●関節炎:運動すると関節を支える筋肉が強化され、身体を動かしやすくなる。同時に筋肉のこわばりも改善する。

●糖尿病:運動をするとインスリンを効率的に利用できるようになり、血糖値が低下する。

●喘息:運動により発作のコントロールが楽になる。

 慢性疾患の管理のため、しばらく運動を止めていた患者は、どの運動だったら安全で、どのような安全対策を講じておくべきか、また、めまいや息切れ、胸痛など、どのような症状が現れたら運動を止めるべきなのかを、事前に医師に相談しておく必要があるという。

 Travers氏は「慢性疾患の中でも、糖尿病患者は特に注意が必要だ。運動は血糖値に影響を及ぼすため、運動時の過度な血糖値の低下を防ぐ対策などについて医師と十分に話し合う必要がある」と強調している。

 運動を始める際には、その強度にも気をつけて、運動中に会話ができる程度の軽い運動から始めるのがよいと付け加えている。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆