認知症は予防できない? 「長生きの証」というポジティブな考えもある

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症、親の介護はこんな現実

 

 そして、いつか必ずやって来る「別れ」には、どう対処するべきか?

 本書では「認知症専門病棟」と「グループホーム」というそれぞれの立場から、看取りまでのステップが書かれている。無駄な延命措置をすることなく、穏やかに最期の時を迎えられるような配慮が感じられる。

 日本のほとんどの介護施設では、体調が悪くなった入所者は病院に移されるのが主流だが(そして無駄な延命治療が始まる)、武田純子氏のグループホーム「福寿荘」では、訪問診療医との連携により施設内で看取りまで行う。親を介護施設に入所させる際には、終末期を迎えた場合の対処法を確認しておくべきだろう。

 このほか、徘徊や弄便、盗食など、認知症の人によく見られる問題行動の理由も記されているから、本書を読めば、実際にその場面に直面しても、慌てることなく対処できるようになるのではないだろうか。

 また、海外の終末期医療の視察など興味深いレポートの寄稿もあり、認知症と、認知症を取り巻く現実について深く理解することができる。現在、認知症の親を介護している人はもちろん、将来、親を介護する必要に迫られる可能性のある人も、ぜひ手にとってほしい書籍だ。

 共著者の一人、宮本 礼子氏が2015年に夫の宮本顕二氏との共著で出版した『欧米には寝たきり老人はいない 自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社)も合わせて読むことをお勧めする。このサイトでも以前に取り上げたので(参考:終末期医療のタブー!? なぜ欧米にはいない「寝たきり老人」が日本は200万人もいるのか?)、興味のある人はぜひ見てほしい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆