アブノーマルなAVの見過ぎでEDに!? ED治療薬「シアリス」が若者に人気のワケ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

末永くセックスを楽しむための12項目

 その12項目とは次の通りだ。

1・加齢
2・糖尿病
3・肥満と運動不足
4・新血管疾患および高血圧
5・喫煙
6・テストステロン低下
7・慢性腎臓病と下部尿路症状
8・神経疾患
9・外傷および手術
10・心理的および精神疾患的要素
11・薬剤
12・睡眠時無呼吸症候群

 「このうち、加齢などは本人の努力ではどうしようもないとして、肥満と運動不足や喫煙を避けることならば、比較的、個人の努力で可能といっていいですよね。つまり、禁煙して適切な運動をし、肥満にならないことで、EDをある程度は防ぐことができることは確かです」(小掘医師)

 もっとも、運動はやればやるほどいいわけではなく、岡田教授は「過度の激しいスポーツはかえって性機能にダメージを与える」と考えている。いずれにせよ、ほどよい運動で健康を保つことは、末永くセックスを楽しむための第一歩であることは間違いない。

 とはいえ、そのような健康維持が一朝一夕に勃起力の助けになるとは限らないわけで、差し迫った必要にかられる人は、やはり勃起補助薬に頼るのもひとつの手だろう。

 シアリスをはじめとしたバイアグラ以外の新薬の選択肢が増えているので、気になる人は泌尿器科の扉を叩いてみてはいかがだろうか。
(取材・文=里中高志/精神保健福祉士、フリージャーナリスト)

岡田弘(おかだ・ひろし)
獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科主任教授。医学博士。1980年、神戸大学医学部医学科卒業。1985年、神戸大学大学院医学研究科博士課程修了。1985年から87年にかけてDepartment of Urology, Department of Microbiology and Immunology, New York Medical Collegeに留学。三木市三木市民病院泌尿器科主任医長、神戸大学医学部助教授、帝京大学医学部泌尿器科助教授を経て現職。著書に『男を維持する「精子力」』(ブックマン社)がある。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真