「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じている

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じているの画像1

93%が不妊治療に大きなハードルを感じている(depositphotos.com)

 子どもが欲しい! 子どもの成長を見たい! 子どもに生きがいを見つけたい! 子どもに託す親の思いはひとつだ。

 だが、「妊活」に励んでも、なぜか子宝に恵まれない。不妊治療を受けても捗々しく進まない。不妊治療は信頼できるのだろうか? そんな悩みに苦しむカップルのホンネに迫った意識調査がある。

不妊治療の患者・経験者・未経験者の93%が不妊治療にハードルを感じている!

 「不妊治療net」を運営する株式会社F Treatment(東京都港区)は、20代~50代の女性(不妊治療の患者・経験者・未経験者)500人を対象に「不妊治療に対するハードル(不満、 不安など)に関する意識調査」を行った。

 調査の結果、不妊治療に対してハードルを「とても感じている」が49%、「やや感じている」が44%、不妊治療の患者、経験者、未経験者の93%が、何らかのハードルを感じていた。

 では、どのようなハードルを感じているのだろう?

 「どれくらいの時間がかかるのか分からない」が93%、「どれくらいの費用がかかるのか分からない」は90%、「どの程度辛いか分からない」が83%、「治療そのものが辛い」が77%だった。

 「分からない」ことを解決するために、どのような情報収集をしているのだろう?

 「ウェブサイトを調べる」が66%、「病院のウェブサイトを調べる」が44%、「友人の口コミから」が35%、「雑誌や書籍から」が31%、「当事者のブログやSNSから」が23%だった(複数回答)。

 以上の結果から、不妊治療している人は、他人に「言いにくい」「聞きにくい」「相談しにくい」状況に悩み、不妊治療に不満、不安などのハードルを感じている事実が分かった。なお、不妊治療に関心があれば、「不妊治療net」を参考にして欲しい。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛