「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じている

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じているの画像1

93%が不妊治療に大きなハードルを感じている(depositphotos.com)

 子どもが欲しい! 子どもの成長を見たい! 子どもに生きがいを見つけたい! 子どもに託す親の思いはひとつだ。

 だが、「妊活」に励んでも、なぜか子宝に恵まれない。不妊治療を受けても捗々しく進まない。不妊治療は信頼できるのだろうか? そんな悩みに苦しむカップルのホンネに迫った意識調査がある。

不妊治療の患者・経験者・未経験者の93%が不妊治療にハードルを感じている!

 「不妊治療net」を運営する株式会社F Treatment(東京都港区)は、20代~50代の女性(不妊治療の患者・経験者・未経験者)500人を対象に「不妊治療に対するハードル(不満、 不安など)に関する意識調査」を行った。

 調査の結果、不妊治療に対してハードルを「とても感じている」が49%、「やや感じている」が44%、不妊治療の患者、経験者、未経験者の93%が、何らかのハードルを感じていた。

 では、どのようなハードルを感じているのだろう?

 「どれくらいの時間がかかるのか分からない」が93%、「どれくらいの費用がかかるのか分からない」は90%、「どの程度辛いか分からない」が83%、「治療そのものが辛い」が77%だった。

 「分からない」ことを解決するために、どのような情報収集をしているのだろう?

 「ウェブサイトを調べる」が66%、「病院のウェブサイトを調べる」が44%、「友人の口コミから」が35%、「雑誌や書籍から」が31%、「当事者のブログやSNSから」が23%だった(複数回答)。

 以上の結果から、不妊治療している人は、他人に「言いにくい」「聞きにくい」「相談しにくい」状況に悩み、不妊治療に不満、不安などのハードルを感じている事実が分かった。なお、不妊治療に関心があれば、「不妊治療net」を参考にして欲しい。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆