「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じている

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じているの画像1

93%が不妊治療に大きなハードルを感じている(depositphotos.com)

 子どもが欲しい! 子どもの成長を見たい! 子どもに生きがいを見つけたい! 子どもに託す親の思いはひとつだ。

 だが、「妊活」に励んでも、なぜか子宝に恵まれない。不妊治療を受けても捗々しく進まない。不妊治療は信頼できるのだろうか? そんな悩みに苦しむカップルのホンネに迫った意識調査がある。

不妊治療の患者・経験者・未経験者の93%が不妊治療にハードルを感じている!

 「不妊治療net」を運営する株式会社F Treatment(東京都港区)は、20代~50代の女性(不妊治療の患者・経験者・未経験者)500人を対象に「不妊治療に対するハードル(不満、 不安など)に関する意識調査」を行った。

 調査の結果、不妊治療に対してハードルを「とても感じている」が49%、「やや感じている」が44%、不妊治療の患者、経験者、未経験者の93%が、何らかのハードルを感じていた。

 では、どのようなハードルを感じているのだろう?

 「どれくらいの時間がかかるのか分からない」が93%、「どれくらいの費用がかかるのか分からない」は90%、「どの程度辛いか分からない」が83%、「治療そのものが辛い」が77%だった。

 「分からない」ことを解決するために、どのような情報収集をしているのだろう?

 「ウェブサイトを調べる」が66%、「病院のウェブサイトを調べる」が44%、「友人の口コミから」が35%、「雑誌や書籍から」が31%、「当事者のブログやSNSから」が23%だった(複数回答)。

 以上の結果から、不妊治療している人は、他人に「言いにくい」「聞きにくい」「相談しにくい」状況に悩み、不妊治療に不満、不安などのハードルを感じている事実が分かった。なお、不妊治療に関心があれば、「不妊治療net」を参考にして欲しい。

血糖値を手軽に<見える化>~パン・肉まん・カレーライスを食べると血糖値が……
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」後編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長に、2 回にわたって訊いた。今回はその後編をお届けする。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫