下肢静脈瘤のある人はエコノミークラス症候群のリスクが5倍以上!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まだ不明な点も残るが治療方法も進化している

 ただし、今回の研究では下肢静脈瘤が血栓の原因となっているのか、あるいは血栓のリスクを直接高めているのかどうかについては明らかにされていない。Chang氏は「下肢静脈瘤と疾患リスクとの関連については不明な点が多いため、今後そうした関連について解明することは重要だ」としている。

 また、今回の研究は保険請求データを用いているため、「研究結果が当てはまるのは治療を必要とする重度の下肢静脈瘤患者に限定される可能性もある」とChang氏らは説明している。

 専門家の一人で米レノックス・ヒル病院の心血管インターベンション治療医であるMaja Zaric氏は、「下肢静脈瘤は世界的に極めて有病率の高い疾患であるため、今後の研究では下肢静脈瘤が炎症や血栓形成にもたらす影響やDVTとの関連について詳細に調べる必要がある」と指摘。

 さらに「DVTやPEによる疾病負担を考慮すると、下肢静脈瘤患者の中でも特にリスクの高いのはどのような患者か、また重度の合併症を予防するためにはどの程度積極的かつ早期に治療を実施すべきなのかについても明らかにすべきだ」と話している。

 治療に前向きな人は、これまで当サイトでは下肢静脈瘤の「日帰り手術」や最新の「グルー治療(ベノクローズ)」も紹介しているので、専門医に相談してほしい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆