笑いに勝る良薬なし! 吉本芸人らが日本初「笑いとがん医療」研究に協力

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん患者も「笑い」で免疫機能に変化が……

 日本国内で「笑い」が免疫力に働きかけることを実証した例としては、1991年の大阪「なんばグランド花月」での実験がある。20~62歳のがん患者を含む男女19名に、約3時間にわたって漫才や喜劇を観て大いに笑う体験をしてもらい、その前後でNK細胞の活性率を調べた。

 すると、もともとNK細胞の活性率が低かった人だけでなく、高すぎた人も、それぞれ適正値に近付くという結果が見られた。つまり「笑い」は、免疫機能を調整して、がんに対する抵抗力を高め、しかもその効果には即効性があることが示されたのだ。

 また2017年4月には、大阪国際がんセンターが日本初の取り組みとして、がん患者とがん患者に接する医療提供者を対象に、「笑い」が「生活の質(QOL)」や「免疫機能」に与える影響を明らかにする「笑いとがん医療の実証研究」を実施している。

 対象者が鑑賞する舞台には、吉本興業、松竹芸能、米朝事務所に所属する落語家や漫才師が出演。「わろてまえ劇場」と名付けられたイベントが、2週間に1回の頻度で計8回行われる。

 患者を「計8回の舞台すべて見る」と「半分の4回しか見ない」の2グループに分け、継続的な検査で免疫機能などに違いが出るかを検証した。検証結果は、国際学術誌に論文として公表の予定で期待されている。

「笑い」の可能性は無限か?

  

 冒頭の取り組みが示すように、「笑い」の認知機能への働きも明らかにされている。

 大阪府立健康科学センターが65歳以上の男女985名を対象に認知機能を調査し、「笑い」の頻度との関係を分析した。それによると「ほぼ毎日笑う人」に対して、「笑う機会がほとんどない人」の認知機能が低下するリスクは、男性で2.11倍、女性では2.60倍になったという。

 さらに1年後、認知機能の低下がなかった738名に同じテストを実施したところ、「笑う機会がほとんどない人」は「ほぼ毎日笑う人」よりも、認知機能が低下するリスクが3.61倍に上昇していた。

 やはり「笑いに勝る良薬なし」は文字通り真実かもしれない。というのも、「笑い」は、「認知症」や「がん」だけでなく、「生活習慣病」の改善も期待できるという。

 吉本興業の協力のもと糖尿病患者を対象に行行なった実験では、単調な講義を聴いた後に比べて漫才を鑑賞した後のほうが、血糖値の上昇が大幅に抑えられるという結果が出ている。ほかにも「自律神経を整える」「脳の血流量を増やす」「ストレスに強くなる」など、「笑い」の効能については枚挙にいとまがない。

 「そういえば最近笑っていない」と感じる人は、サクッとYouTubeでお笑い動画を漁ってもいい。アクティブに外出して、コメディ映画や寄席に出かけるもよし。ときどきは思いっきりバカ笑いして、ストレスと病気の元をカラダから追い出してしまおう。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆