血液検査だけで8種類の「がん」を発見!位置まで特定できる「CancerSEEK」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本発の「リキッドバイオプシー」のプロジェクトも始動

 日本でもリキッドバイオプシーの臨床研究はスタートしている。

 2017年8月、国立がん研究センター中央病院は、リキッドバイオプシーの実用化をめざす臨床研究を立ち上げた。この研究では、がんと診断された患者約3000人と、健常な男女約200人ずつの合計3440人分を対象にデータを集めている。2020年をめどに、患者から新たに採取した血液をリキッドバイオプシーによってスクリーニングし、まずは自由診療の枠組みで人間ドックのメニューなどを実用化する計画だ。

 この研究の重要ポイントは、がん細胞が分泌する「マイクロRNA」に着目し、乳がんや大腸がんなどに特徴的なマイクロRNAを組み合わせながら、がんの早期発見につなげる目標を掲げている点だ。対象となるのは「胃がん」「食道がん」「肺がん」「肝臓がん」「胆道がん」「膵臓がん」「大腸がん」「卵巣がん」「前立腺がん」「膀胱がん」「乳がん」「肉腫」「神経膠腫」の13種類だ。

 マイクロRNAとは、20個前後の少数の塩基から成るRNA(リボ核酸)で、ヒトの体内に2000種類以上もある。がん細胞が分泌し、細胞間の情報伝達を司るエクソソームや、エクソソームが内包するマイクロRNAが、がんの増悪・転移に深く関係している事実が判明している。

 さらに、マイクロRNAによるがんのスクリーニングにAI(人工知能)を活用すれば、がんをさらに高精度に検出できる可能性が大きいことから、研究が進んでいる。

 リキッドバイオプシーについては、本サイトの以下の記事にも詳しいので参考にしてほしい。

●シリーズ「中村祐輔のシカゴ便り」第19回
リキッドバイオプシーは「がん医療変革」につながる!臨床応用可能であることを示した点が大きい

 今後もリキッドバイオプシーの進化に期待したい。
(文=編集部)

*参考:日経デジタルヘルス(2017年8月3日)

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志