障がい者の性を考える 支援ガイドブックが訴える自立とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の世界で働く「障がい者」の実態

 また、本書の後半は、これも従来見過ごされがちだった、「知的障がいや発達障がいのある女性」と「風俗」の世界との関わりについてページが割かれている。

 知的障がいの女性が風俗の世界で売春婦として働くケースがあることは、「日本の知的障がい者教育・福祉の父」と呼ばれる社会事業家の石井亮一(1867〜1937)も、戦前から既に指摘している根の深い問題だ。

 本書には、障がい者を専門にAVや風俗に斡旋するスカウトマンがいることまで紹介される。

 しかし、「自分のしていることは福祉だ」と主張するそういったスカウトマン自身が、発達障がいや精神障がいを抱えていることもある。障がいのある男女が夜の世界に流れる背景には、社会の中に彼らの出番や居場所がなかったことがあると、著者は指摘するのである。

 社会福祉の観点からこういった現実を批判するのはたやすいが、著者は「夜の世界には『搾取』や『女性差別』という一面的な視点だけでは語りつくせない多面体の現実がある」と指摘する。

 そして、むしろ夜の世界から学ばねばならないのは「支援者」のほうであり、夜の世界は障がい者福祉に足りないものを映し出す「鏡」になっていると著者は述べるのである。

 本書は全編を通して、「性とはすなわち生きること」であり、たとえそこにリスクがあろうと「性に関する本人の自主性は尊重されるべきだ」という勇気を伴う優しさに貫かれている。

 健常者であっても、本書を読むことで「自分にとって性とはなんだろうか?」と自らに問いかけずにはいられない。そんな深みを持った「性と生のガイドブック」になっているのである。
(文=里中高志)

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆