LGBT、性的マイノリティーの「生きづらさ」の正体~精神的な苦痛と自殺リスクに目を向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LGBT2.jpg

LGBTの尊厳と社会活動を象徴するレインボウフラッグ(Fotosr52/shutterstock.com)

 SNSなどで同性婚やパレードの様子が話題にのぼり、日本でも徐々に認知されるようになってきた「LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)」な人々。

 しかし、性的少数者の抱える「生きづらさ」は、いまだ彼らの心に大きな陰を落としている。マイノリティの人権問題においては、先進的なはずのアメリカでさえも。

 先月、米医学誌『JAMAインターナル・メディシン』に発表された研究論文によると、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルなどの成人は、心理的な苦痛を経験したり、不健全な行動に走ったりする可能性が高いことがわかったという。

 米バンダービルト大学のギルバート・ゴンザレス氏が主導した今回の研究は、米疾病対策センターが毎年実施する「国民健康調査(NHIS)」の2013年と2014年の結果を分析したものだ。

 この年のNHISには、性的指向に関する質問が初めて盛り込まれた。そこで、レズビアン525人、ゲイ624人、バイセクシュアル515人の成人男女による回答と、異性愛者の男女6万7150人の回答との比較分析が行われた。

バイセクシャルは二重の差別を受ける

 それによると「中度または重度の心理的苦痛がある」と回答した人の割合は、異性愛者の男性が16.9%なのに対し、ゲイの男性が25.9%、バイセクシュアルの男性では40.1%にも上った。

 大量飲酒者の割合は異性愛者男性が5.7%、ゲイ男性が5.1%なのに対し、バイセクシュアル男性は10.9%。また大量喫煙者の割合についても、バイセクシュアル男性が9.3%と最も高く、ゲイ男性は6.2%、異性愛者男性は6%だった。

 一方、女性の場合では「中度または重度の心理的苦痛がある」と回答した人の割合は、異性愛者21.9%。対して、レズビアンが28.4%、バイセクシュアルが46.4%に上った。

 アルコール大量消費者の割合もバイセクシュアルが11.7%と最も高く、レズビアン8.9%、異性愛者4.8%。大量喫煙者の割合は、レズビアン5.2%と最高で、次いでバイセクシュアル4.2%、異性愛者は3.4%だった。

 「今回の研究結果は、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル(LGB)の成人が、特に精神衛生面で、大きなリスクにさらされていることを示している。個人的な差別と、構造的な差別の両方を受けたことによる“マイノリティーストレス”がその原因となっている可能性が高い」と論文は述べている。

 中でも、バイセクシュアルの成人男女に多くの問題が見られたことは、異性愛者からの「マージナライゼーション(周辺化・社会から取り残されること)」と、同じ性的少数者のゲイやレズビアンからの「スティグマ(差別的烙印)」の両方を受けることが関連しているかもしれないという。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛