ブルーライトカット眼鏡は「スマホ不眠」に効く?夜に着けて睡眠の質アップ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠症患者に推奨している医師も

 

 Shechter氏は「就寝前にブルーライトを浴びないようにするのが最良の選択肢。それでもデジタル機器を使用し続けたいのであれば、こうした何らかの方法でブルーライトをカットすることが望ましい」と説明する。

 そして「ブルーライトカット眼鏡は安い物であれば5~10ドル(約550~1100円)程度で入手でき、気軽に取り入れることができる対策のひとつだ」と話す。

 さらにスマホにはブルーライトを減らす機能を備えた機種もあり、こうした機能を活用することも「不眠症の症状を軽減するもう一つの方法となりうる」としている。

 今回の調査には関与していないアメリカ睡眠医学アカデミーのRaman Malhotra氏は、今後より大規模かつ長期間の調査が必要としながらも「一部の医師はすでに不眠症の患者に就寝前にアンバー系レンズ眼鏡の着用を推奨しており、これにより失うものはない」とコメントしている。

 今のところブルーライトカット眼鏡が、寝る前スマホの悪い影響を少ないコストとリスクで軽減できることは確かなようだ。日本でもこの眼鏡は割と安価で手に入る。

 スマホの使用時間が長めで「最近寝付きが悪い」「途中で目覚める」とお悩みの方は、ぜひ就寝前2時間の着用を試してみてはいかがだろうか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆