薄毛と白髪は心臓病の予兆!「斎藤さんだぞ!」タイプはリスク上昇しない?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「斎藤さんだぞ!」はリスク上昇なし

 東京大学の研究班が、米国内における11年以上の追跡調査など3つの先行論文をメタ解析したところ、男性型脱毛症患者の心疾患リスクが、そうでない男性よりも「33%」高かったとの報告がある。しかも年齢を重ね、55~60歳の時期を迎えると「44%」にもなるとの結論が下された。

 さらに別種の3つの過去研究をメタ解析したところ、男性型脱毛症男性の心疾患リスクは、健康な同性層よりも「70%」も高く、とりわけ若年時から男性型脱毛症を発症している男性においては「84%」も高いとの違いが読み取れた。

 それも、リスク上昇が顕著なのはなぜか「頭頂部」に生じる男性型脱毛症に限られており、「生え際後退系」には上昇傾向がないという点も不思議といえば不思議だ。トレンディエンジェルの斎藤さん型の方々は安心というわけか……。

 「男性型脱毛症と若白髪は、全体的な心血管リスクに影響をあたえる生物学的年齢の指標である可能性が否めない」(前出・Sharma氏)。

 やはりU.N.メータ研究所心臓研究センターの同僚である、Dhammdeep Humane氏は、次のように語る。

 「男性型脱毛症や若白髪のある男性を診る現場の医師たちは、冠動脈疾患の監視をより強化し、健康的な食事や日常の運動、ストレスへの対処などを通した生活習慣の改善を指導すべきです」

 もっとも今回の研究は、これらの予測因子と冠動脈との関連を示しているに過ぎない点も研究陣は強調している。

 しかし、その上で「その因果関係がさらなる研究を通じて証明されるまでは、男性型脱毛症や若白髪のある男性に関しては(コレステロール低下薬の)スタチン療法は奨めるべきではない」との見解を、彼らは述べている。

 なお、学会発表された研究報告は査読を受けた後、医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされて扱われる。
(文=編集部)

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛