薄毛と白髪は心臓病の予兆!「斎藤さんだぞ!」タイプはリスク上昇しない?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「斎藤さんだぞ!」はリスク上昇なし

 東京大学の研究班が、米国内における11年以上の追跡調査など3つの先行論文をメタ解析したところ、男性型脱毛症患者の心疾患リスクが、そうでない男性よりも「33%」高かったとの報告がある。しかも年齢を重ね、55~60歳の時期を迎えると「44%」にもなるとの結論が下された。

 さらに別種の3つの過去研究をメタ解析したところ、男性型脱毛症男性の心疾患リスクは、健康な同性層よりも「70%」も高く、とりわけ若年時から男性型脱毛症を発症している男性においては「84%」も高いとの違いが読み取れた。

 それも、リスク上昇が顕著なのはなぜか「頭頂部」に生じる男性型脱毛症に限られており、「生え際後退系」には上昇傾向がないという点も不思議といえば不思議だ。トレンディエンジェルの斎藤さん型の方々は安心というわけか……。

 「男性型脱毛症と若白髪は、全体的な心血管リスクに影響をあたえる生物学的年齢の指標である可能性が否めない」(前出・Sharma氏)。

 やはりU.N.メータ研究所心臓研究センターの同僚である、Dhammdeep Humane氏は、次のように語る。

 「男性型脱毛症や若白髪のある男性を診る現場の医師たちは、冠動脈疾患の監視をより強化し、健康的な食事や日常の運動、ストレスへの対処などを通した生活習慣の改善を指導すべきです」

 もっとも今回の研究は、これらの予測因子と冠動脈との関連を示しているに過ぎない点も研究陣は強調している。

 しかし、その上で「その因果関係がさらなる研究を通じて証明されるまでは、男性型脱毛症や若白髪のある男性に関しては(コレステロール低下薬の)スタチン療法は奨めるべきではない」との見解を、彼らは述べている。

 なお、学会発表された研究報告は査読を受けた後、医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされて扱われる。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆