失敗しない!40代女子のロングヘア 秘訣は昔の自分を引きずらないこと!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でのセルフスタイリングが20代のまま……

 ひと昔前の40代と違い、現代のアラフォーはミディアムヘアからロングヘアをキープする方が多くなりました。ショートやボブに比べてスタイリングの幅があるため、似合わせが上手くいけば色っぽく見えますが、うっかりすると「昔の自分を引きずった人」に……。長い髪こそ、デザインにアップデートが必要なのです。

●アイロンを使う場合

 正面から見た時、左右で各1本の太い内巻きにならないように。昔、流行った「名古屋巻き」のようなアイロン使いは、空気感やクセ毛風がキーワードとなる近頃において、最も古臭い印象を受けます。

 ミディアムヘアからロングヘアでアイロンを使うなら32㎜がベスト。耳前と耳後ろの毛束は分けて、内巻きと外巻きを交互に行いましょう。毛量の多い人や直毛の場合、さらに表面と内側で分けて(つまり、片サイドだけで4パーツにブロッキング)行います。

 仕上げに手のひらを下から入れて指先で崩します。このように空気を含ませると、グッと今っぽいアイロン使いが手に入ります。

●ストレート派の場合

 「20代の頃より顔が大きくなってきた」と感じるのは、アラフォーなら誰でも同感できるはず。たるみが生じるようになると、輪郭が間延びして見えるのです。

 この問題は髪型も大きく関係してきます。最も輪郭をぼやけさせるのがスーパーストレート。少女時代は似合っていた直毛も、大人になると不自然に見えるのは、輪郭が間延びしたから。

 その反面、フェイスリフト効果を発揮するのが「ダイヤ型シルエット」です。トップとサイドをふんわりさせて、毛先をスッと収めたダイヤ型は、小顔ヘアの代表格。

 顔立ちも華やかになるため、大人世代にはおすすめです。レイヤーの入れ方で、誰でも似合わせが可能ですから、ストレート派の人もトライしやすいデザインです。

 アラフォー世代はヘアデザインやカラーを上手にアップデートできれば、大人にしかできない「かっこよくて品のある女性像」が意外と簡単に手に入ります。ぜひ参考にしてくださいね。
(文=小澤佐知子)

小澤佐知子(おざわ・さちこ)
美容ライター。小学館や学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材・執筆を行う。現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外にWebサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛