【病気の知識】

アトピー性皮膚炎

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 近年、ダニ、ハウスダスト、スギ花粉などのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の増加、生活様式の変化、ストレス社会など環境の変化に応じてアレルギーを持つ人の数が急激に増えています。アトピー性皮膚炎はアレルギーが関係する皮膚の病気の一つです。「良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする疾患で、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義づけられています。

どんな症状

 アトピー性皮膚炎の症状の特徴は、かゆい湿疹が慢性的にくり返し生じる点です。皮膚症状は、年齢によって少し異なります。

 赤ちゃんの時期は自分でうまく身体をかけないため、よだれやミルク・離乳食の刺激などによる皮膚症状が目立ちます。頭や顔の皮膚が赤くカサカサ・ブツブツになり、ひっかき傷ができたりジクジクしてかさぶたになったりします。かゆみのため髪や耳を引っぱる仕草がみられ、耳たぶの下が切れる耳切れを起こすこともしばしばです。

 乳児期に生じる脂漏性皮膚炎(新生児期より乳児期初期に生理的に脂腺機能が亢進するため生じる皮膚炎)は、乳児期のアトピー性皮膚炎と非常に症状が似ているため鑑別が困難です。頭や顔に前述のような湿疹が2カ月以上続くような場合は、アトピー性皮膚炎を疑います。

 乳児期に引き続き起こる場合と、いったん治ってから再び生じる場合があります。首や肘・膝の後ろ側(屈側)の皮膚が厚く硬くなり、その周りにブツブツができます。皮膚は乾燥性でざらざらし、かゆみが強く引っかき傷でかさぶたができたり、細菌が感染してとびひになったり、ウイルスが感染してみずいぼができたりします。顔の色が部分的に白く粉を吹いたようになるはたけ、耳切れ、唇ががさがさになりひびわれを伴うこともあります。これらの症状は、冬に悪化し、夏に軽快する傾向にあります。これらの症状は10歳頃までに治癒していきます。

 本来なら思春期以前に自然に治っていたアトピー性皮膚炎に、思春期以降も治らない、あるいは思春期・成人期に発症する患者が増えています。成人期に特徴的な皮疹は、小児期とは異なる臨床症状を示し、治療が難しいことで知られています。小児期に比べて広範囲に皮膚が厚く、硬くなり、皮膚はより乾燥し、上半身(顔・首・胸・背中)に皮疹が強い傾向があります。小豆くらいの大きさのかゆいしこりが体幹・四肢にたくさんできることもあります。首や胸にさざなみ状の褐色の色素沈着が、多くの患者にみられます。また、成人では長期ステロイド外用を経ていることが多く、顔のびまん性潮紅(赤ら顔)やにきび様発疹を伴うことも少なくありません。アトピー性白内障の併発をみることもあります。

どんな検査

 アトピー性皮膚炎は、皮膚科の専門医なら一目見て診断できます。しかし、アトピー性皮膚炎は、さまざまな分野の医師が診察・治療する機会が増えており、皮膚科医以外でも間違えることなく診断できる基準が設けられました(日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の定義・診断基準1994年)。アレルギー検査は参考にはなりますが、アトピー性皮膚炎の診断には必要ありません。かゆみ、皮膚症状、症状の経過のみで診断できます。

どんな治療

 治療方法はまず、かゆみを止めることが何よりも先決です。かゆみを止めるため、原因となる化学物質が出るのを押さえる抗アレルギー剤、かゆみをおさえる抗ヒスタミン剤を内服、患部の皮膚にステロイドの外用を行います。外用剤は部位・症状に応じて選択します。顔は体に比べて皮膚が薄いため、ステロイドの影響が出やすく、人目に触れる部分なので、つい良くなっても化粧下地のように使用してしまいがちです。

 厚生労働省が認可した免疫抑制剤の軟膏(プロトピック軟膏)は、16歳以上の顔の皮疹のみに保険適応されています。ステロイド外用剤に比べてリバウンドが少なく軽快している期間も長いことから、今後の治療に一役買いそうです。

どんな予防法

 アトピー性皮膚炎の診断に検査は不要ですが、さまざまな悪化因子を特定することは予防上大切です。血液検査やプリックテスト、皮内テストなどでダニ・ハウスダスト・スギ・大豆・卵・牛乳などの悪化因子をみつけだし、それらを取り除く努力は大切です。

 ただ、血液検査である特定の物質のIgE値が高くても、それが原因の全てとは限りません。過度の食事制限は栄養障害を引き起こしかねません。ダニやハウスダストを除去するため、掃除に躍起になりすぎて、これがストレスとなって皮膚症状の悪化する可能性もあります。

 予防で大切なことは、日常のスキンケア。アトピー性皮膚炎が治ってもアトピー素因はなくなりません。治ったからといって今まで通りの生活では、すぐに皮膚炎を再発しまいます。アトピー素因を持つ人は、乾燥肌でいろいろな刺激に対するバリアー機能が低下しています。毎回、入浴後に全身に保湿剤を薄く塗るだけで、さまざまな刺激から皮膚を守ることができます。直接肌に触れる衣類は、なるべく綿素材を選びましょう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆