【病気の知識】

ニキビ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 ニキビは、思春期から青年期に多い病気です。毛穴の炎症によるものを「尋常性ざ瘡」、膿をもつニキビは「膿疱性ざ瘡」といいます。

 最初は毛穴から皮脂がたくさん分泌され、毛穴が詰まる面ぽう(肌色~白いぶつぶつ)という前段階ができます。これに毛穴にいる常在菌であるアクネ桿菌が作用し、炎症を起こします。このためニキビは、皮脂腺の多い顔、背中、前胸部などによくみられます。

 思春期から青年期に多いのは、この時期に男性ホルモンの分泌が亢進し、脂腺が発達するためです。女性は、ホルモンの関係で月経前にニキビができることがあります。月経が終わればまた消退します。

 膿が2次感染を起こして硬くなり、「できもの(のう腫)」のようになることがあります。これは「集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)」と呼びます。ステロイド剤を内服している場合、顔や上半身に細かいぶつぶつができることがあります(この場合は膿を伴うことは少ない)。

どんな症状

 毛穴に一致して、赤い盛り上がりや白い膿ができます。炎症が強ければ、痛みを伴うこともあります。皮疹が大きければ治ったあと、いわゆる「あばた」やクレーター状の陥没した跡が残ることもあります。

どんな検査

 視診で十分診断可能です。

どんな治療

 軽度であれば外用薬のみ。外用薬には、角質剥離薬、非ステロイド抗炎症薬、抗生物質・抗菌外用薬などがあります。多発していたり、痛みを伴うようであれは、抗生物質の内服が有効です。抗生物質は、炎症の状態に応じた投与量を用います。最大量を3カ月から半年続けることも稀ではなく、その後の経過で減量します。

 ビタミン剤も補助的に使います。ビタミンB2は皮脂の流れをスムーズし、ビタミンB6は皮脂産生抑制作用があります。ビタミンA、C、Eなどの投与、漢方製剤も使われます。

 病院では、面ぽうの中身を押し出して早く消退させる「面ぽう圧出法」で処置。消毒した針で毛孔内を刺し、圧出器を使って内容物を押し出します。自分で押し出すと肌に跡が残りやすいので避けてください。集簇性ざ瘡は抗生物質が効きにくく、原虫薬を投与することがあります。

どんな予防法

 まずはこまめな洗顔。朝、夕はもちろん、スポーツなどをして汗をかいた後は、洗顔料を使って洗いましょう。悪化する因子は、睡眠不足、食事内容(チョコレート、ピーナッツ、コーヒー、ココア、もちなど)、化粧品、胃腸障害などがあげられます。頬杖をついたり、ニキビが気になりいじるのは要注意。髪の毛が顔にかからないようにすることも大切です。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇