オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーラルセックスで性感染症に感染する2つの意味

 今回のガイドラインは、頸部腫瘤に「がん」の疑いがみられる場合に、正しい診断が遅れる事態を回避するためのもの。早期診断・治療をすべての医師間に普及させ、不要な検査などを減らす目的から策定された重要ツールである。

 ガイドライン作成グループの副委員長をつとめたM.Boyd Gillespie氏は、次のように語る。

 「頸部腫瘤は重大な医学的問題を示唆している場合がある。必ずしも全ての腫瘤が『がん』であるとはいえないが、正確な診断をするためには入念に医学的評価を行なう必要がある」

 21世紀の現在、性事情の先進性において欧米と我が国との格差はさほどないだろう。厚生労働省的な言説を借りるならば、「オーラルセックスにより性感染症に感染するということには2つの意味」がある。

 つまり「性器にいる病原体がオーラルセックスにより口腔内に感染を起こす」という意味と、逆もまた真なりの「口腔内にいる病原体が性器に感染を起こす」というダブルリスクだ。

 AV育ちの世代には「フィニッシュは顔射が礼儀なのでは!?」と信じて疑わない層が実在するという都市神話がある。そんな世代には「口腔性交が市民権を得た」なんぞという話題も太古の響きとしか映らないかもしれないが……。
(文=編集部)

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆