連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」第12回

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米で糖尿病が増え出したころ、スナック菓子の販売量が激増している

 欧米でその頃、何があったのでしょうか?

 こちらもライフスタイルの変化です。1950~1960年代、日本人がアメリカのホームドラマをテレビで見て憧れたアメリカ人の豊かな暮らし。それは自動車や電化製品を取り揃えて、主婦も家事にかける時間が短くなり、みんなでソファーに腰かけてテレビを見ながらスナック菓子を食べ、ジュースを飲む生活です。

 そう、生活におけるエネルギー消費量が減り、間食での糖質摂取量が激増しています。たとえば、アメリカの子供たちの1970年代と2010年代を比較すると、1日の間食の回数は平均3回から6回に増え、摂取カロリーも570kcal増えているというのです。

 これ、日本でも1980年代から言えることではないでしょうか? エアコンがほとんどの家庭に普及して体温調節でエネルギーを使わなくなり、さらにはテレビの前でごろごろするカウチポテト族なんて言葉が出てきたのが1980年代です。

 のべつまくなしに食べるスナック菓子の習慣が、のべつまくなしのインスリンの放出を招き、太るだけでなくインスリンの抵抗性も上げているのです。肥満を増やし糖尿病を増やす「食の欧米化」という名の「間食(主に糖質)」の増加。悪い欧米化ですね。

「良い欧米化」「悪い欧米化」ではなく「普通の欧米化」に 期待を込めて

 さて、「良い欧米化」「悪い欧米化」とくれば、「普通の欧米化」があるのかどうか気になりませんか? 食の世界に「普通の欧米化」って言葉がもしもあるとすれば、多様性を認めるということではないでしょうか?

 糖質制限をひたすら否定して「お米は悪くない」と主張するのではなく、さまざまな食餌療法によって糖尿病をはじめとする生活習慣病を回避するのです。アメリカ糖尿病学会(ADA)の主張するような食生活の改善ですね。

 もちろん、糖質摂取量を減らすのが大正解ですが、それだけにこだわる必要はありません。

 たとえば、「カロリー制限+運動」でがんばる。「糖質摂取量は減らしたくない」という人は、それでいけばいいです。ベストではありませんが、糖尿病の悪化を緩やかにする程度の効果はあります。地中海式ダイエットや植物性のたんぱく質や脂質を摂取を中心に生活したければ、それも選択肢の一つでしょう。肉を食べることが怖い人に、強制はしません。

 日本もそういう懐の深い「食の欧米化」で生活習慣病を減らしていけたらいいな、そう思います。普通の欧米化ですね。


連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子