ドラマ『コード・ブルー』の現実は……ネックはドクターヘリ1機で年間約2億円の運営費

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

救命率が高く後遺症が軽い・入院期間が短く社会復帰率が高い・入院費や治療費が低く医療費の削減も!

 救命率が高く後遺症が軽い・入院期間が短く社会復帰率が高い・入院費や治療費が低く医療費の削減にもつながる――このように「ドクターヘリ」の運営費は莫大だ。

 だが、たとえば、1機2億円で全国50カ所に配備すれば、年間総額100億円に上るが、日本人1人当たりに換算すれば、約80円の負担に過ぎない。

 わずかな負担だけで年間およそ25,000人もの傷病者が「ドクターヘリ」で救護され、救護者のおよそ3割以上の人命が救済されている事実は直視すべきだ。

 たとえば、2009年3月から運用が始まった青森県八戸市立市民病院救命救急センターの今明秀所長によれば、「ドクターヘリ」の救急搬送は、外傷死亡を27%、重症な後遺症を47%も激減させている。

 また救護された傷病者の重症率を見ると、救急車12%だが、「ドクターヘリ」は70%と高い。

 救命率が高く、後遺症が軽い。入院期間が短く、社会復帰率が高い。入院費や治療費が低く抑えられ、医療費削減にも資する。

 つまり、「ドクターヘリ」の経済性、費用対効果が極めて優れているのは明らかだ。

 なお、「ドクターヘリ」の全国配備状況、配備拠点数(41道府県 51機)の詳細は、以下のサイトを参照して欲しい。
www.hemnet.jp/where/
http://www.hemnet.jp/mt-img/
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆