ドラマ『コード・ブルー』の現実は……ネックはドクターヘリ1機で年間約2億円の運営費

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

救命率が高く後遺症が軽い・入院期間が短く社会復帰率が高い・入院費や治療費が低く医療費の削減も!

 救命率が高く後遺症が軽い・入院期間が短く社会復帰率が高い・入院費や治療費が低く医療費の削減にもつながる――このように「ドクターヘリ」の運営費は莫大だ。

 だが、たとえば、1機2億円で全国50カ所に配備すれば、年間総額100億円に上るが、日本人1人当たりに換算すれば、約80円の負担に過ぎない。

 わずかな負担だけで年間およそ25,000人もの傷病者が「ドクターヘリ」で救護され、救護者のおよそ3割以上の人命が救済されている事実は直視すべきだ。

 たとえば、2009年3月から運用が始まった青森県八戸市立市民病院救命救急センターの今明秀所長によれば、「ドクターヘリ」の救急搬送は、外傷死亡を27%、重症な後遺症を47%も激減させている。

 また救護された傷病者の重症率を見ると、救急車12%だが、「ドクターヘリ」は70%と高い。

 救命率が高く、後遺症が軽い。入院期間が短く、社会復帰率が高い。入院費や治療費が低く抑えられ、医療費削減にも資する。

 つまり、「ドクターヘリ」の経済性、費用対効果が極めて優れているのは明らかだ。

 なお、「ドクターヘリ」の全国配備状況、配備拠点数(41道府県 51機)の詳細は、以下のサイトを参照して欲しい。
www.hemnet.jp/where/
http://www.hemnet.jp/mt-img/
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛