シリーズ「窃盗症(クレプトマニア)という病」第2回

窃盗症(クレプトマニア)は「生活苦」と無関係! ふとしたことで<万引き依存>に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
窃盗症(クレプトマニア)は「生活苦」と無関係! ふとしたことで<万引き依存>にの画像1

窃盗症(クレプトマニア)の原因は「生活苦」ではない(depositphotos.com)

 ふとしたきっかけで始まる「窃盗症(クレプトマニア)」。アルコールに並ぶ2大アディクション(常用癖)になるのか?

 平成28年版の『犯罪白書』によると、窃盗の認知件数は約80万件。そのうち「万引き」の占める割合は14.5%。つまり、毎年およそ11万件以上もの万引きが認知されていることになる。

 もちろん、発覚しない万引きは、これをはるかに上回る数であることは間違いなく、万引きは深刻な社会問題のひとつだと言える。

 繰り返し万引きをしては捕まる「常習累犯窃盗」の人のうち、かなりの割合の人が該当すると言われているのが、「窃盗症(クレプトマニア)」という疾患だ。「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される」というその疾患に当てはまるのは、どのような人たちなのだろうか?

決して特別な人の病気ではない

 「クレプトマニアと診断された人のなかには、普通の家庭で育った専業主婦の人もいれば、サラリーマンの人もいる。決して特別な人がかかる疾患ではなく、我々のライフスタイルのなかで、いろいろな負荷がかかったときに出る反応のひとつなのではないか――と考えます」

 こう語るのは、大森榎本クリニックの精神保健福祉士で社会福祉士でもある斉藤章佳氏だ。斉藤氏は、東京都内で唯一クレプトマニアの専門外来がある大森榎本クリニックで、患者の治療にあたっている。

 最近、クレプトマニアの患者で特に多いのは高齢女性で、パートナーとの死別や離別など何らかの「喪失体験」がきっかけで始まることが多い。

 「男性は高齢になるとアルコールに耽溺する人が増えますが、家事を担ってきた女性の<生活の主戦場>はスーパーマーケット。男性では、アルコールと仕事が非常に関連づけられるように、スーパーマーケットで、女性のクレプトマニアが始まるのは<生活モデル>の視点から考えると至極当然といえるかもしれません」(斉藤氏)

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行