<勝っても負けてもやめられない>課題山積のカジノ法案で「ギャンブル依存症」が増加!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
324205847.jpgカジノ実現で抜け落ちた「ギャンブル依存症」対策(shutterstock.com)

 ついに日本でもカジノが現実のものに──。

 カジノを合法化する統合型リゾート(IR)推進法案が、12月2日午後、衆院内閣委員会で採決され、自民、日本維新の会などの賛成多数で可決された。

 内閣委の審議は2日間で6時間強。多くの論点が積み残されており、党内や推進派からも「拙速すぎる」と批判が出るほどの早さだ。

 この法案は超党派の議員連盟に属する8人が提出したもので、成立後1年をめどに政府がカジノの法制化を行なうという内容だ。民進党などが反対する中、与野党の合意なく審議入りしたが、自民・維新の数の論理に押し切られた格好だ。

 日本にカジノを作ることについて、シンガポールでカジノを視察した安部首相は「日本の成長戦略の目玉」と語り、菅義偉官房長官も「観光振興、地方創世、産業振興の面で大きな期待が持たれている」との立場を示している。

抜け落ちている「ギャンブル依存症」への配慮

 だが、政府首脳をはじめとするカジノ推進派の論点からは、カジノの実現によってさらに増えるであろう「ギャンブル依存症」についての配慮は、まったく抜け落ちているかのようだ。

 日本は、現在でさえギャンブル依存症患者の多い国として知られている。どの街の目抜き通りにもパチンコ屋が店舗を構え、パチンコによって生活を破綻させてしまう人が後を立たない。

 2014年には厚生労働省研究班が、「依存症が疑われる成人は人口全体の5%弱の536万人」との推計を示しているほどだ。

 ギャンブル依存の恐ろしさが、ひしひしと伝わってくる一冊がある。大王製紙の前会長・、井川意高の『溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』だ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子