高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、 不公平な提案を拒否しやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳内のチロシンの濃度が高くなると不公平な決定でも受け入れやすい!

 この結果の意味は何だろう?

 Park氏は「高炭水化物を摂った後は、チロシンというアミノ酸の血中濃度が低くなる。チロシンは脳内の報酬系に関与するドーパミンなどの神経伝達物質の産生に重要であり、チロシンの増減は意思決定の変化に関連する」と説明する。

 神経学の専門家である米ノースウェル・ヘルスのLuca Giliberto氏は「社会的交渉を食事で管理する方法に結論を出すことは難しい。だが、今回の知見は食事内容がドーパミンと関連する事実を示唆している。低炭水化物・高タンパク質の食事を摂れば、脳内の報酬系を増強するチロシンの濃度が高まり、不公平な決定でも受け入れる可能性が高まる」と話す。

 Park氏によると、食物代謝には性差があるため、この研究は男性だけを対象とした。だが、高炭水化物を摂った人でも、不公平な提案を受け入れた人もあったので、朝食の変化へ反応には個人差が見られたという。

 ただし、Park氏は「バランスのとれた食事をすることが重要であり、1つの栄養素だけを偏って摂取するべきではない」と強調している。

昔ながらの日本の朝ごはんは、日本人の寛容さの基?

 この研究結果を知って、ハタと思い当たることがある。昔ながらの一汁三菜の朝ごはんだ。

 ご飯、味噌汁(豆腐、わかめ、あさり)、焼き魚、ジャコおろし、おひたし、酢の物、納豆、生卵、漬物、梅干し、焼き海苔・・・。低脂肪、低カロリー、高タンパク。主食、主菜、副菜の栄養バランス。素材の風味・滋味・旨味を活かした味付け。

 とくに、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維の消化を促す酵素が多い納豆・味噌・醤油・食酢・漬物などの発酵食品の豊富さは比類がない。刺身などの生食もふんだん。煮る・炊く・焼く‥蒸す・茹でる・合える・揚げる。食材を選ばないフレキシブルな料理法の多彩さは和食ならではの真骨頂だ。

 ただし、和食の唯一の欠点は、煮物などの味付けに砂糖やみりんを多く使ったり、味噌汁やおかずに塩分が多めになる点だ。糖分と塩分をうまくコントロールすれば、和食は文字どおり理想的な完全食に違いない。

 リューベック大学の研究結果によれば、低炭水化物・高タンパク質の食事は、脳内の報酬系を増強するチロシンの濃度を高めるので、不公平な決定でも受け入れやすい事実を示した。そのような観点から和食を見れば、和食こそが「寛容」という精神性を培ってきた日本人らしさを如実に表現する食文化であることに気づかされる。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太