「水シャン」で酷暑を乗り切れ! パフォーマンス向上の新対策が建設業界で登場

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shower.jpg

夏場の「水シャン」で熱中症を防げ(shutterstock.com)

 厚生労働省の発表によると、熱中症による業種別死傷数が過去5年間で最も多いのが建設業――。

 同省の通達「職場における熱中症の予防について」では、WBGT値(暑さ指数)を活用して熱中症のリスク評価を行ない、その上で作業環境管理・作業管理・健康管理などを行なうことを指導している。

 その基本となるのはWBGT値の低域化に向けた企業努力だが、昨今の大手ゼネコンの熱中症対策はかなり徹したもので、作業前の「強制飲水」はもはや当たり前。ドライバー職の呼気検査よろしく、作業員は設置されたウォータークーラーで水分を摂り、それが確認されないと現場作業に入れないのが趨勢だ。

生産性の向上は「休憩」から

 最近は朝礼時の「フェイスチェック」を導入する現場も増えており、作業員らの回答シートを毎日回収している大手ゼネコンもある。

 訊かれるのは「朝食は食べたか?」「昨夜は飲酒したか?」「睡眠時間は充分か?」「現在の体調は?」など、日頃の健康管理や作業当日の適性を問うような内容だ。

 「技術者たるもの、自然相手に上手く折り合いをつけるのも仕事のうち」とは、土木技術者の間で古くから言い伝えられてきたコトバだという。しかし、反面、人一倍我慢強くて、よほどツラい状態に陥らないと休もうとしない職人気質(=矜持)が、管理する側の現場監督陣には大きな壁だというのもわかる。

 つまり今日の管理陣には、休憩を遠慮するのではなく、むしろ作業員同士が自らの体調を積極的に言い合えるような環境づくりが問われている。現場の各フロアには休憩所が設けられ、体調不良時の仮眠室を常設しているゼネコンもある。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子