インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男性力ドック」でテストステロンの状態を判定

 メンズヘルスクリニック東京の男性更年期専門外来では、男性更年期障害を疑うべき症状と、それを引き起こす要因を「身体」「精神」「性」の3つのカテゴリーに分けて測定する「男性力ドック」を勧めている。テストステロンがその患者さんにどのような影響を与えているのかを数値化するものだ。

 個々人の状態に合わせてテストステロン注射やオリジナルのアンドロゲンゲル(男性ホルモンゲル)、サプリメント、さらには一般的なシアリス レビトラなどの勃起不全の改善薬も処方される。

低侵襲で副作用のない最新のED治療法

 さらに新しいED治療として注目されている「ED1000」による治療がこのクリニックで可能だ。

 低強度の衝撃波を陰茎に与え、加齢などの原因により弱ってしまった血管に新たに新生血管を再生し血流を増幅させることで、陰茎部の血流がよくなりEDの症状を根本的に改善することがでるという。

「心疾患・脳疾患などの持病でED薬が飲めない、ED薬の副作用が不安。または服用しているが効果が感じられない、薬に頼らず根本的に治療がしたい、などの場合には侵襲性が低く副作用のない治療として行っています」と小林院長。

 その効果のほどはどの程度なのか?

 「一般的には約80%の方に効果が実感できるとされています。挿入可能な硬度が得られない患者さんでは治療後約60%で挿入可能な硬度が得られています」という。

 ED1000を使った治療はまだ世界でも少なく、この機器自体も世界で約200台、日本で25台しかないという(2014年12月現在)。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志