インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男性力ドック」でテストステロンの状態を判定

 メンズヘルスクリニック東京の男性更年期専門外来では、男性更年期障害を疑うべき症状と、それを引き起こす要因を「身体」「精神」「性」の3つのカテゴリーに分けて測定する「男性力ドック」を勧めている。テストステロンがその患者さんにどのような影響を与えているのかを数値化するものだ。

 個々人の状態に合わせてテストステロン注射やオリジナルのアンドロゲンゲル(男性ホルモンゲル)、サプリメント、さらには一般的なシアリス レビトラなどの勃起不全の改善薬も処方される。

低侵襲で副作用のない最新のED治療法

 さらに新しいED治療として注目されている「ED1000」による治療がこのクリニックで可能だ。

 低強度の衝撃波を陰茎に与え、加齢などの原因により弱ってしまった血管に新たに新生血管を再生し血流を増幅させることで、陰茎部の血流がよくなりEDの症状を根本的に改善することがでるという。

「心疾患・脳疾患などの持病でED薬が飲めない、ED薬の副作用が不安。または服用しているが効果が感じられない、薬に頼らず根本的に治療がしたい、などの場合には侵襲性が低く副作用のない治療として行っています」と小林院長。

 その効果のほどはどの程度なのか?

 「一般的には約80%の方に効果が実感できるとされています。挿入可能な硬度が得られない患者さんでは治療後約60%で挿入可能な硬度が得られています」という。

 ED1000を使った治療はまだ世界でも少なく、この機器自体も世界で約200台、日本で25台しかないという(2014年12月現在)。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆