「めまい」は動いて治せ! 「安静」ではなく「運動」で改善を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リハビリの重要性をNASAとの共同研究で確信

 めまいは「急性期」と「慢性期」がある。目の前がぐるぐる回ったり、冷や汗が噴き出したりする急性期は、安静第一。静かな暗い部屋で過ごし、楽な姿勢で体を休める。急性期は短い人で数時間、長くても1~3日間程度だと肥塚医師は語る。

 その後は、めまいはほとんど消え、なんとなくフワフワした感じがしたり、体がフラフラしたりする慢性期になる。

 「急性期の症状を和らげるために薬物療法は有効です。また慢性期の症状を軽くするためにも、薬が必要な場合はあります。しかし、めまいを薬で根本的に治すことはできません。不調だから休みたい気持ちはわかりますが、体を動かさなければ全身の血流が悪くなります。耳の血流が悪くなれば、内耳の働きも回復しません」

 めまいの治療で肥塚医師が重視しているのが、患者自身でできる体操や運動である。

 肥塚医師は1998年にNASA(アメリカ航空宇宙局)が計画した実験に参加し、宇宙船に乗って起こる「宇宙酔い」の研究を行った。この共同研究によって、体操や運動といったリハビリテーション(平衡訓練)の重要性を確信。それ以来、めまいの治療にリハビリテーションをどんどん取り入れていったという。

 肥塚医師が考案した「寝転がり体操」などのリハビリテーションは、『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)を参照してほしい。

 「仕事では座りっぱなし、自宅でも横になってばかりでは、慢性期の症状はなかなか改善しません。散歩やウォーキングなど軽い運動を取り入れて、血流を改善させるとともにストレス解消を図るのをお勧めします」
(取材・文=森真希)

肥塚泉(こいづか・いずみ)
聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授。1981年、聖マリアンナ医科大学卒業後、大阪大学医学部耳鼻咽喉科、米国ピッツバーグ大学医学部耳鼻咽喉科、東大阪市立中央病院耳鼻咽喉科などを経て、95年、聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科講師。97年、助教授。2000年、教授。同大学の「めまい外来」を率いて、これまで5万人以上を診察し、問診と検査でめまいを解決してきた。診療のほか、めまい疾患に対するリハビリテーション法の考案や、宇宙酔いに関する研究にも力を入れている。1998年には、NASAとの共同研究によりスペースシャトル・コロンビア号上で、宇宙酔いに関する実験も行った。テレビや新聞などメディアでも活躍中。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘