マンガ連載「病院でこんなことがおきている!」第5回

【マンガ連載5】新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースは驚愕放言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産婦人科でナースが大騒ぎ!? 大晦日に生まれて何が悪い!

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像6

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像7


安斎かなえ(あんざい・かなえ)
1971年2月14日生まれ。元ナース、22歳の頃に4コマ漫画でデビューし、しばらく兼業を続ける。25歳でナースを辞め漫画家一本に。
元ナースの経験からリアルでツボをついた笑いで病院シリーズには定評がある。病院シリーズは他にも『病院でぼくらはみんな殺される!?』(竹書房)、『まるっと病院パラダイス!』(竹書房)などがある。今年3月に出版された『女の曲がりカド プレ更年期がやって来た!!』(竹書房)も話題に。

マンガ連載「病院でこんなことがおきている!」バックナンバー

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇