「目肌焼け」予防にサングラスを! 肌のシミの原因は<目からの紫外線>?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6割以上の女性が「サングラスをほとんどかけない」理由は?

 先の調査結果によれば、サングラスの使用実態は「日常的にかけている」層がわずか14%。行楽などのシーンのみで着用する層を除くと、実に6割以上の女性が「サングラスをほとんどかけない」実相が明らかにされた。

 そんな「ほとんどかけない」「全くかけない/かけたことがない」層に理由を尋ねたら――。「習慣がないから」が43.7%で最多回答。そして、36.2%の女性が「サングラスが似合わない」と自認し、「似合うサングラスがわからない」と回答した層も17.2%存在した。

 この「サングラスが似合わない」あるいは「似合うサングラスがわからない」という人がここまで多いのは、オシャレに敏感な女性にしては意外な感じがするし、また、オシャレに敏感な女性だからこその理由のようにも思える。いずれにせよ、不十分な紫外線対策の背景に横たわる理由としては、そうなのだろう。

サングラス選びのポイントは?

 が、今回の記事を機に一念発起し、明日にでもサングラス探しを始めようという方々は、選ぶ際に以下の3点は注意していただきたい。

①安価な商品に走らずに必ず「UVカット機能のあるもの」を選ぶこと
②あまり色の濃い商品に走らないこと(目に入る光量が少ないため、普段より瞳孔が大きく開いてしまい逆効果)
③店員にも相談して顔にフィットしたものを選ぶこと

 たとえば「Zoff UV クリアサングラス」は、業界最高のカット率(UV100%カット)を謳うクリアレンズを搭載し、3月の登場時点で18種類、4月28日には22種類が追加されて合計40種類の拡充ライナップ。

 価格も3500円(税別)からと、ビギナーにも手軽だ。自慢のカット率に加え、特殊素材で「明瞭な視界」の両立が得られ、「レンズの汚れ」も超撥水コーティングが解消してくれるという。

 年間を通じて紫外線が強く降り注ぐ時期は「夏の扉」がひらく6~8月。快晴時は当然だが、曇り日でも晴れ比の70%前後は降っているので要注意だ。

 一日でみれば午前10時~午後2時が最も紫外線量が多いけれども、目に入る量の90%はサングラスで防止可能といわれてる。さあ、明日からサングラス探しを、オシャレ選びの気分で街へ出よう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子