春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思春期に特有の自律神経の失調は思春期を過ぎれば改善する

 対策はあるだろうか?

 起立性調節障害の子供は、朝に起きられずに横になったままゴロゴロしている。だが、午後になると掌を返したように元気になる。夜遅くまでテレビを観たり、ゲームで遊んだりする。親なら「学校にも行かずに、怠けている」「夜更かしするから、起きられない」などと叱りたくなる。

 しかし、繰り返すが、起立性調節障害は思春期に特有の生理的反応(自律神経機能の失調)なので、思春期を過ぎれば症状は改善することが多い。「仮病」「怠け者」「夜更かし」と決めつけないようにしたい。

 たとえば、朝起きたら日光を浴びる、軽い散歩やジョギングをする、買物や家事を手伝う、偏食に注意する、気温の暑い場所は避け、水や塩分をやや多めに摂るなど、規則正しい生活を続けることが何よりの得策だ。

 ただ、症状が重く、改善しにくいと判断した時は、小児科医に相談し、診断・治療を受けてほしい。副作用が少なく、血圧を上げる薬剤を使う薬物治療もある。治療を受け、血圧がコントロールできても、腹痛や頭痛などの症状が続けば、潰瘍性大腸炎や脳腫瘍などが疑われたり、不安障害(過剰不安、回避性障害、パニック障害など)、うつ病につながる場合もあるので要注意だ。

 とにもかくにも、喉元過ぎれば何とやら。起立性調節障害は、自律神経の働きがアンバランスになった状態だと家族がよく認識し、焦らず・慌てず・諦めず、長い目で子供を見守ってほしい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫