春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思春期に特有の自律神経の失調は思春期を過ぎれば改善する

 対策はあるだろうか?

 起立性調節障害の子供は、朝に起きられずに横になったままゴロゴロしている。だが、午後になると掌を返したように元気になる。夜遅くまでテレビを観たり、ゲームで遊んだりする。親なら「学校にも行かずに、怠けている」「夜更かしするから、起きられない」などと叱りたくなる。

 しかし、繰り返すが、起立性調節障害は思春期に特有の生理的反応(自律神経機能の失調)なので、思春期を過ぎれば症状は改善することが多い。「仮病」「怠け者」「夜更かし」と決めつけないようにしたい。

 たとえば、朝起きたら日光を浴びる、軽い散歩やジョギングをする、買物や家事を手伝う、偏食に注意する、気温の暑い場所は避け、水や塩分をやや多めに摂るなど、規則正しい生活を続けることが何よりの得策だ。

 ただ、症状が重く、改善しにくいと判断した時は、小児科医に相談し、診断・治療を受けてほしい。副作用が少なく、血圧を上げる薬剤を使う薬物治療もある。治療を受け、血圧がコントロールできても、腹痛や頭痛などの症状が続けば、潰瘍性大腸炎や脳腫瘍などが疑われたり、不安障害(過剰不安、回避性障害、パニック障害など)、うつ病につながる場合もあるので要注意だ。

 とにもかくにも、喉元過ぎれば何とやら。起立性調節障害は、自律神経の働きがアンバランスになった状態だと家族がよく認識し、焦らず・慌てず・諦めず、長い目で子供を見守ってほしい。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘