連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第27回

腰痛は<国民病>として国が対策を! 豪州では「腰痛は横になるな」CMを放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税金を使うほどの効果があったのか?

 これらのキャンペーンは、国(または州)を挙げての取り組みで、税金を用いて行われた。このようなキャンペーンを行う理由は、「国民病である腰痛で苦しむ人が少なくなるように」というのが本来の目的だ。

 しかし、腰痛を自分で管理することができれば医療費が安くなり、結果的には国の支出が少なくなるという考えのもとで行われている。

 これらのキャンペーンの結果、それぞれの国では、腰痛に対する国民の考え方に変化が生じている。具体的には、腰痛での労災や医療費が削減されたという論文が発表されているのだ。

 さらに興味深いのは、一般人だけではなく、医者や理学療法士など医療従事者の腰痛に対する考え方が変化したという報告だ。腰痛に対して安易に薬を処方する医師が減ったり、手術件数が減ったりしたのである。

 腰痛の治療については、医療機関だけで行われるわけではなく、このように国を挙げて行うことで、医療機関を訪れない一般人に対しても、その正しい知識を広めることができた。それは医療費の削減とともに、国民を腰痛から救うことにつながる。

 そのような意味では、日本はまだまだ「腰痛後進国」であり、このような取り組みを行なっていく必要があるのではないだろうか。

参考文献:
Buchbinder, R. (2008). Self-management education en masse: Effectiveness of the Back Pain: Don’t Take It Lying Down mass media campaign. Medical Journal of Australia, 189(10 SUPPL.), 29–32.

連載「国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛