花粉症で口臭がひどくなる! 何気ない花粉症対策が逆に口臭の原因に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネバネバ唾液をサラサラ唾液へ変える

 では花粉症のシーズン、口臭を悪化させないためにはどうしたらいいのか?

 飯野氏によると「朝起きて口臭がきついのはこの悪玉菌が繁殖しているせい。夜中に出る唾液の質にもサラサラ系とネバネバ系の2種類の唾液がありますが、夜中に出るネバネバした唾液には洗浄作用が少なく、口の中にたまっても悪玉菌が全然洗われず、逆に繁殖させてしまう原因になっています。ネバネバではなく、サラサラした唾液を出すためには、耳下腺や顎下腺などを4本の指(もしくは親指)で10回ほどマッサージ刺激することでサラサラの唾液が出やすくなります」と説明、このマッサージは美容にもいいという。

 また、食事を抜かないことも大切だといい、空腹時ほど口臭がきつくなる傾向なども指摘。アンケートなどを通じて様々な人が空腹と口臭の関係を指摘しているとのことで、朝、昼、晩と規則正しい食事を心がけることの大切さも改めて訴えた。

 意外と知られていない花粉症と口臭の関係。普段大丈夫だと思っている何気ない花粉症対策が逆に口臭の原因になっている。視点を変え、口臭の原因を自身の健康状態や環境ともう一度、照らし合わせて探ってみることで、日常の中の大きな悩みの一つ<口臭>を改善することが出来るかもしれない。
(取材・文=名鹿祥史)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆