花粉症で口臭がひどくなる! 何気ない花粉症対策が逆に口臭の原因に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネバネバ唾液をサラサラ唾液へ変える

 では花粉症のシーズン、口臭を悪化させないためにはどうしたらいいのか?

 飯野氏によると「朝起きて口臭がきついのはこの悪玉菌が繁殖しているせい。夜中に出る唾液の質にもサラサラ系とネバネバ系の2種類の唾液がありますが、夜中に出るネバネバした唾液には洗浄作用が少なく、口の中にたまっても悪玉菌が全然洗われず、逆に繁殖させてしまう原因になっています。ネバネバではなく、サラサラした唾液を出すためには、耳下腺や顎下腺などを4本の指(もしくは親指)で10回ほどマッサージ刺激することでサラサラの唾液が出やすくなります」と説明、このマッサージは美容にもいいという。

 また、食事を抜かないことも大切だといい、空腹時ほど口臭がきつくなる傾向なども指摘。アンケートなどを通じて様々な人が空腹と口臭の関係を指摘しているとのことで、朝、昼、晩と規則正しい食事を心がけることの大切さも改めて訴えた。

 意外と知られていない花粉症と口臭の関係。普段大丈夫だと思っている何気ない花粉症対策が逆に口臭の原因になっている。視点を変え、口臭の原因を自身の健康状態や環境ともう一度、照らし合わせて探ってみることで、日常の中の大きな悩みの一つ<口臭>を改善することが出来るかもしれない。
(取材・文=名鹿祥史)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫