花粉症はまず<自分のタイプ>を知って対策~果物や野菜アレルギーとの関係にも注意を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_kahunsyo.jpg

自分の花粉症のタイプを知っていますか?>(depositphotos.com)

 

 花粉症の季節がやってきました。今年も例年どおり2月上旬から順次スギ飛散が始まっており、すでに花粉症の症状が出ている人もいることでしょう。

 患者さんの中には、花粉症と診断すると「残念だ!花粉症とは認めたくない!」と発言される方もいらっしゃいます。なぜか花粉症と診断されるのがいやなようですし、花粉症をあえて無視している方もいるようです。

花粉症の原因

 花粉症はアレルギー性鼻炎の1つです。春のスギ花粉だけでなく、ヒノキ、白樺、カモガヤ(夏)、ブタクサ(夏~秋)などの花粉症もあります。スギ花粉などの花粉症は、原因となる花粉が飛ぶ季節に限定されているので「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。

 薬を使うほか、マスクや眼鏡を使うなど、それぞれの時期にあわせ対策をたてる必要があります。ちなみに一年中鼻炎が続いている方は、ダニやハウスダストが原因となる「通年性アレルギー性鼻炎」の可能性があります。

 ほかに、ガ、ゴキブリ、ペットの毛、フケなども原因になります。こちらのアレルギー性鼻炎の場合には、部屋を清潔に保つなども必要になります。

意外な花粉症の症状

 現在、日本人の25%以上の人がなんらかの花粉症をもっていると言われています。 くしゃみ、鼻水、眼のかゆみなどの花粉による直接的な症状のほかに「なんだかぼーっとする」「集中できずイライラする」と感じることはありませんか。

 あるいは、「日中も眠気がのこる」とか「身体のだるさが抜けない」というはっきりしない体調の悪さを感じる方もいるのではないでしょうか。
 
 実は、気づきにくい花粉症の症状として集中力や判断力の低下が出てくることがあるのです。たとえば、鼻水や鼻づまりのせいで息苦しくなり、寝付きが悪くなったり夜中に目が覚めたりして十分な睡眠がとれなくなると、昼間に眠気が出てきます。

 また、鼻がつまって口呼吸になると呼吸が浅くなってしまい、集中力や判断力が低下してしまいます。また眼のかゆみや鼻水があると集中力が続かなくなりイライラすることもあります。

 くしゃみ、鼻水など気にせず花粉症を放置していると、むしろ日常的に仕事や家事の効率を落としてしまうかもしれないのです。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛