彼氏のいる女性の44%が「デートDV」に!中高生では男子が被害者?急増する非交際率との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交際しない男女の急増との因果関係は?

 一方、ここ10年間での未婚者の非交際率の急増ぶりには目を見張るものがある。

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所による「出生動向基本調査」を見ると、「調査別にみた、未婚者の異性との交際の状況(http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou2.pdf」のうち、「交際している異性はいない」と答えた男性は2005年の調査では52.2%だったのに対し、2015 年には69.8%と急増している。同様に交際していない女性は2005年が44.7%だったのに対し、2015年は59.1%とこちらも急増している。

 恋愛や交際は、大変骨が折れる。相手と接近し、親密な仲となり、それを維持するのには、双方の働きかけが欠かせない。そうした行為を面倒くさがったり、失敗することを恐れたりして、恋愛や交際から身を遠ざけるネット上のコメントは、日々、散見される。また、そうしたコメントと関連づけて、若者の「恋愛離れ」「交際離れ」を指摘する専門家も中にはいる。

 デートDVをはじめとするDV被害報告と、失敗を嫌がり結婚や交際をあきらめる若者たち――。その両者に相関関係はあるのだろうか? 「デートDVやDV被害例の周知が、結果的に世の未婚者たちを結婚や交際から遠ざける一因になっている」というのは、うがった考えなのだろうか?
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘