シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」第25回

<イチゴ狩り>の前に必ず知っておきたい、農薬の使用実態と残留農薬の検査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチゴに用いる農薬には約200の成分

 農薬の使用実態やイチゴの残留農薬検査結果が不明な観光農園はあぶない!

 イチゴは農薬使用が多い果実のひとつだ。約200の成分の農薬の使用が許可されているのだ。もちろんそれらの農薬が全て使われているわけではないが、1種類や2種類ではない、相当数使用されていると考えたほうがいい。しかもイチゴの表皮がぶつぶつになっているため、そこに農薬が残留しやすいのだ。

 イチゴでよく残留が確認されているのが成分がプロシミドンだ。この成分は住友化学が開発した殺菌剤で、動物の生殖機能に悪影響を与える環境ホルモン作用が確認されている。米国でのラットを用いた実験では、胎児に生殖障害を引き起こすことが分かっている。

 妊娠中の母ラットにプロシミドンを与えると、生まれてくる子ラットに尿道下裂(尿道の開口部が正常な位置にない先天異常)などの先天性奇形が生じたのだ。

 では、このプロシミドンがイチゴにどのくらいの量が残留していたことがあるのだろうか大阪府の検査では2008年に0.87ppm=0.87mg/kg、2012年に0.69ppm=0.69mg/kgの残留が確認されている。

 30分のイチゴ狩り食べ放題で、イチゴが大好きな子どもなら150g(1パックの半分くらい)は簡単に食べてしまうだろう。もし、イチゴに0.69ppmが残留していれば、0.1035mgのプロシミドンを摂取することになる。

 プロシミドンのADI(1日摂取許容量)は、0.035mg/kg(体重)/日。体重25kgの子どもなら0.875mg/日となる。パック半分くらい(150グラム)食べて、ADIの約8分の1の量のプロシミドンの摂取ということになってしまう。

 8分の1だったら問題ないではないかと思う方も多いはず。しかし、残留農薬に厳しいEU(欧州連合)の規制値と比較すると、非常に不安になる。EUのAFRD(短期間に食べた場合の許容量)は、0.012mg/㎏・体重。25kgの子どもなら0.3mgが許容量だ。パック半分食べると、EUのARFDの3分の1の量の摂取となる。子どもは放っておくと1パックのイチゴぐらいすぐに食べてしまうのでやはり注意してほしい。

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛