「脳出血」から回復の女優・河合美智子さんが「恋ダンス」でリハビリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野源さんも過去に二度も重篤な病で緊急搬送

 「恋ダンス」といえば、当の星野源さん自身も過去に二度も重篤な病(くも膜下出血)で緊急搬送された経験を持っている。詳細は過去記事「祝・紅白出場の星野源さん~救急搬送&再発宣告された日々を乗り越えて<http://healthpress.jp/2015/11/post-2133.html>」を閲覧いただきたい。

 星野さんのその後の大活躍ぶりや、順調な回復度を象徴する河合さんの笑顔を見ていると、何か救われた気がしてきて、それこそ「♪病を越えてゆけ~」と心踊らされる、目下リハビリ中の方々も少なくないだろう。

 その「恋ダンス」効果の如実な表われか、「オーロラ輝子」の顔ももつ河合さんは、新年を待つまでもなく昨年12月13日にはリハビリも兼ねてNHK大阪の歌番組に生出演を。彼女の病気に気づいた観衆は皆無というほどの順調な回復姿を披露した。

 そして臨んだ今月の気丈会見では、「30年以上、この仕事をしているので、役者に戻れたらいいなぁ」と、持ち前の明るさで近未来の復帰意思を明かし、2月公開の出演映画『ママ、ごはんまだ?』の舞台挨拶(金沢&都内)も行なう意欲をみせた。

 1月10日にリハビリ病院を退院し、通院に切り替えた河合さん。現在も右脚を引きずり、多少の麻痺は残されているが「8合目ぐらいまで来ました。ふつうの生活はできます」と本人は語る。印象どおり(?)のお酒好きである彼女、会見の最後にこう締めて、記者陣を笑わせた。

 「退院した、その足で酒屋さんに行きました。日本酒が好きで、いまも記憶がなくならない程度は呑んでます(笑)」

 河合美智子さん、もう二度とメデューサに遭遇しないよう、飲酒はあくまでもほどほどに、どうか御自愛くださいませ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇