炭水化物の制限でカラダが健康的な代謝に変化! 米国糖尿病協会オススメの<健康的な間食>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国糖尿病協会オススメの<健康的な間食>

 では、良好な血糖コントロールには、どのような食品がいいのだろうか?

 米国糖尿病協会(ADA)によると、間食の際にも<健康的な食品>を選び、摂取量に気をつけるべきだという。砂糖や塩、脂肪を含まなくても十分にエネルギー補給できる食品は数多くある。こうした食品を選ぶことが血糖値の急激な上昇や体重増加を避ける一助になるという。

 そこで、ADAは炭水化物の含有量に従って、<健康的な間食>として次のものを挙げている。

●炭水化物の含有量が5g未満のもの 
・アーモンド(15粒)
・セロリスティック(3本)とピーナッツバター(大さじ1)
・チェリートマト(5個)とドレッシング(大さじ1)
・固ゆで卵(1個)
・新鮮なブルーベリー(4分の1カップ)
・低バターのポップコーン(1カップ)
・塩味クラッカー(2枚)
・砂糖なしゼリー(2分の1カップ)
・アボカド(4分の1個)

●炭水化物を10~20g含むもの 
・ドライフルーツとナッツのミックス(4分の1カップ)
・チキンヌードルスープ、トマトスープまたは野菜スープ(1カップ)
・小さいリンゴまたはオレンジ(1個)
・低バターのポップコーン(3カップ)
・缶詰または新鮮な果物とカッテージチーズ(1カップ)
・直径約10cmのライスクラッカー(2枚)とピーナッツバター(大さじ1)
・ツナサラダ(2分の1カップ)と塩味クラッカー(4枚)

●運動前に炭水化物を30g以上摂取したい場合 
・ピーナッツバター・サンドイッチ(2分の1個:全粒パン1枚・ピーナッツバター大さじ1)と牛乳(1カップ)
・低脂肪ヨーグルト(約90g)とベリー類(4分の3カップ)
・イングリッシュマフィン(1個)と低脂肪マーガリン(小さじ1)
・全粒シリアル(4分の3カップ)と無脂肪乳(1カップ)
・バナナ(1本)とピーナッツバター(大さじ1)

 これらの食品を常備しておけば、空腹を避け、脂質や砂糖の誘惑に耐えることができるという。ただし、<健康的な完食>でも食べ過ぎはいけない。とくに糖尿病患者はカップやスプーンで食べる量を測るよう勧めている。

 そして、テレビの視聴や読書、運転しながらの間食は<無意識に食べることにつながる>ことを忘れないようにと強調している。
(文=編集部)

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘