ピコ太郎『PPAP』が疲労回復に効く? 「強迫性障害」の人ほどハマる「脳内ループ」現象の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピコ太郎は疲労回復に効く?

 ところでこのイヤーワームだが、前掲の強迫性障害の人に限らず、普通に生活してても誰もがある状態に置かれると残響地獄に陥る可能性が高い。それはずばり「疲れている時」に起きやすいとする説だ。いわれてみれば過去の体験からも、そんな気が……。

 疲労困憊の時こそ無意識の鼻歌を奏でていた、なげやりな単純作業に明け暮れながらバカバカしい歌詞を繰り返し口ずさんでいた、あるいは脳のタガが外れるほど酔った際の針飛び状態的な反芻歌――等々、誰にも思い当たるふしがおありだろう。

 個人的にはあれほど敬遠してきたピコ太郎の話題曲だが、もしかしたら今年の忘年会の帰り道などで「♪ペンパイナッポーアッポーペン~」と脳内ループしながら千鳥足している自分を発見するかもしれない。だとしたら、『PPAP』、恐るべし。
(文=編集部)
 

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇