ピコ太郎、レディー・ガガ……脳内ループする音楽~ 「あの曲」から解放される3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3000人が実験したループの抜け出し方

 ここに、曲のループから解放される方法を見つけ出した人物がいる。イギリスのダラム大学のケリー・ジャクボウスキー博士だ。次の3つの方法をオススメしている。

 ひとつは、今、頭の中で流れている曲を、一曲通して聴いてみること。ひっかかってループしているのは、その曲のどこか一部のメロディやリズムやフレーズだ。丸ごと一曲聴けば、ひっかかりが取れるそうだ。

 ループフルな曲を丸ごと聴くなんて、そんなくどい方法、ウソみたいだが、試してみる価値はありそうだ。というのも、3000人の被験者を対象に実験した結果、もっとも効果があった方法だったというからだ。

ピコ太郎『PPAP』には通用しない? ならばこの手で

 しかし、ピコ太郎の『PPAP』には通用しないだろう。見事なまでにサビフレーズのみで構成されているからだ。一曲通して聴いても、結局、同じフレーズの繰り返しになる。これが意図的なものなら、Gagaを超えるやり手だ。
 
 『PPAP』がループしている人は、次に博士が勧める方法を試してみよう。それは、『God Save The Queen』を聴くこと。これはイギリス国歌だ。とにかく、リズムもビートもメロディも<まったく異質の曲>を聴くことが、曲のループから解き放たれる有効な方法だという。

 日本でいえば、さしずめ『君が代』を聴いてみよう、ということになるだろうか。たしかに、厳かすぎて、一度頭の中がリセットされそうだ。

 それでもダメなら、最終手段を試してみよう。ジャクボウスキー博士曰く、「曲のループは、その人がちょっと退屈なときに起こりやすい」という。活発に動いて、頭もフル回転させれば、その曲はあっという間に消し飛んでしまうだろう。

 そこで、博士は「ちょっと忙しく動いてみよう」という方法を3つめに掲げている。重要な活動でなくていい。部屋の片付け、アイロンがけ、ちょっと夢中になれることで、脳内からあの曲を追い出すことができるそうだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子