>  >  >  > 「引きこもり」は思春期の「視線恐怖症」から!

「引きこもり」の原因は思春期の「視線恐怖症」!薬物療法・認知行動療法などで完治する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物療法、認知行動療法、リラクゼーション法を併用すれば完治する

 だが、視線恐怖症は、緊張しやすい性格に起因すると誤解されたり、病気という意識がない場合も少なくない。視線恐怖症になると、不安や恐怖だけでなく、赤面、多汗、目まいなどに襲われることも多い。

 視線恐怖症の治療法は?

 薬物療法なら、症状に応じて抗うつ薬(SSRI)や抗不安薬が処方される。抗うつ薬(SSRI)は、扁桃体に働きかけるので、不安が抑えられる。抗不安薬は、緊張や不安を一時的に軽減させる効果がある。動悸、発汗、震えなどが強い時は、β遮断薬が使われる。

 薬物療法に併用して、思い込みや認知(考え方)を修正・改善する認知行動療法が行われる。不安に少しずつ慣れさせるエクスポージャー(曝露療法)や、不安感の思い込みを修正する認知再構成法などがある。

視線恐怖症のセルフチェックしよう

 以下のようなシーンに自分が置かれた時に、緊張を感じたり、強い不安に襲われるかどうかをセルフチェックしてみよう。

□大勢の人の前で話をする時
□公の場で挨拶する時
□人の集まる場所で自己紹介する時
□会議や授業などで自分の意見を発表する時
□目上の人や権威ある人と話す時
□仕事の電話など、よく知らない人に電話をする時
□初対面の人と話す時
□面談、面接を受ける時
□披露宴等の受付など、人に見られている場所で署名する時
□外食する時

 いかがだろう? 3つ以上の項目にチェックが入った人や、少しでも気になる症状がある人は、精神科、精神神経科、心療内科、メンタルヘルス科の受診を薦めたい。

 米国の作家ラルフ・ワルド・エマーソンは言った。「恐怖はつねに無知から生まれる」と。

 視線恐怖症は、本人の性格ではなく、適切な治療を受ければ、完治できる病気だ。不安や緊張があるのは、「人間だから当たり前」くらいの大らかな気持ちでいることも必要かもしれない。

 恋人は見つめ合う。母親と赤ちゃんは見つめ合う。以心伝心のアイコンタクトだ。日本人なら、相手の気持ちを気づかう、生まれながらの温かい心を持っているはずだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇