歯を磨くのに最適のタイミングを知ってますか? 3人に2人は「雑菌モロとも朝食を口に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きで味覚を失う!?

 この結果に、同社が過去に実施した「歯磨きに関する調査」(WEB調査:期間は2013年10月30日~11日2日)の回答例を重ねてみると、なかなか興味ぶかい。一般人の味覚事情や、商品選びの実態が読み取れる。

 こちらの調査は20代~60代の女性層を対象に行なわれ、サンプル数は600人。なかでも目を引く質問が「歯磨き後、みかんを食べたり、お茶を飲んで味覚が変わったと感じることがありますか?」というもの。

 よく感じる(49.0%)といつも感じる(16.7%)の回答者を足せば、100人中65%超の人たちが味覚の変化をおぼえている。

 味覚が変わる原因は、歯磨き粉に含まれる「合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)」の成分にある。ヒトが味を感じる器官の「味蕾(みらい)」が、それによって損傷を受けるからだ。

 ところが、その味蕾損傷の原因と認識を問われると、今まで知らなかった層(84.0%)が圧倒的に多い。歯磨き粉選びの際に「成分を確認してから購入しますか?」の問いでも、ほとんど確認しない+確認したことがない層が60人以上を数えた。

 試しに、あなたのご自宅にある歯磨き粉の成分表示を見てみよう。洗浄・発泡剤の項に、件の「ラウリル硫酸ナトリウム」はないだろうか。これは合成洗剤やクリームの乳化剤にも使われているものと同じで、動物実験上は受精卵障害や成長障害も報告されている。

 つまり、毎朝や食後ごとの歯磨きの際、あなたは件の合成界面活性剤を体内摂取しているわけで、おまけに口内の粘膜は皮膚の13倍もの吸収力があると聞けば、思わず生唾を飲み込まれた読者もおられるのではないか。

 ちなみに、これらの調査結果を公表したシャ社は、合成界面活性剤ではなく無添加石けんを使用し、歯磨き後も味覚が変わらない商品を販売している。「いい歯の日」をきっかけに、くれぐれも<未来>の<味蕾>を大切にしてほしい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆