米国で大人気! トイレを<洋式から和式>に変えるグッズ登場~そのワケは「便秘の解消」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

手軽に和式トイレの良さを取り入れる方法がある!

 それを裏付ける研究もちゃんとある。排便時の力みの力を「3つの異なる姿勢」で比べた研究だ。

 「①洋式トイレのように座った姿勢」「②洋式トイレの足元に10cmの高台を足を乗せた姿勢」「③和式トレイの姿勢」である。

 その結果は、排便時間、便排出の力み力ともに、和式トイレの姿勢(スクワットの姿勢)が他の2つよりも少なかった。つまり、「より少ない力で早く便を排出できた」ということである。

 また、アフリカや東南アジアでは、便秘に悩む人が圧倒的に少ないという。栄養状態は先進国に比べて良いとはいえないと思うが、異なる点はトイレ文化である。便秘が少ない地域は、未だに「かがむ」ように、つまり和式トイレを使用するように用を足していた。

 和式トイレの良さがわかったとしても、実際に洋式トイレに慣れてしまうと、実際に使用するのには抵抗があるだろう。そこで、手軽に和式トイレの良さを洋式トイレに取り入れる方法がある。

 それが「足に踏み台」を使用するという方法だ。前述したように、和式トイレの良さは骨盤と足の角度が直角以上になることである。そこで、高台を使用することで、それを再現できるというわけだ。

 実際に商品化もされていて、アメリカでは大人気なんだとか。そして、アマゾンでも購入することができる。

 アマゾンで購入できる商品は「Squatty Potty」という商品である。そのレビューの高さに今更ながら驚く。知っている人はしっているのだ。気になる人はレビューを読んでみてほしい。これを使えばもう便秘に悩まなくなるかもしれない。
(文=編集部、監修=理学療法士・三木貴弘)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子