アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テロメア」の長さが老化を遅らせる

 「解析の結果、ニキビ体験者のほうが老化が遅い原因には、『テロメアの長さ』が関連してる可能性が示唆されました。それによって、ニキビ経験者の細胞は老化から保護されていると考えられるわけです」(Ribero氏)

 ギリシア語で「末端」の意を語源とする「テロメア(英:telomere)」は、染色体の末端部に存在するキャップのようなもので、染色体の複製時に染色体の劣化から保護する役目を有している。

 数十兆とされる人体内の細胞は絶えず分裂活動をおこなうことで人間の生命を維持しているが、細胞の老化にともないテロメアも徐々に機能しなくなる。結果、最終的には「細胞死」に至るわけだが、これは「正常な成長と加齢の一環である」と、Ribero氏らの論文は説明している。

 今回の解析で、ニキビ経験をもつ双生児たちは「白血球のテロメアが長い」という傾向が読み取れた。同論文は「皮膚生検に基づき、このことに関連する遺伝子発現について解明を始めることができた」とコメント。

 その成果を踏まえて「特定の遺伝子経路が有用な治療法につながるか否か」、それを検討するには「さらなる研究を積む必要がある」としている。

 白血球中のテロメアについては、その長さが「生物的老化の予測因子」となり、体内のほかの細胞のテロメアの長さとも関連している――。それは従来の研究でも示唆されているという。

 また、今回のRiboro氏らの研究が「テロメアの長さ」と「皮膚の老化」の因果関係を証明したというわけではない。

 だが、若かりし頃、鏡の前で悩まされてきた方々からすれば、なんだか妙に得した気分。多感期の重荷からいまさらながら解放され、まるでお肌に「第二の青春」が訪れたような朗報である。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆