社会問題化する「ゴミ屋敷」「汚部屋」の原因は精神疾患?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会問題化する「ゴミ屋敷」「汚部屋」の原因は精神疾患?の画像1社会問題化する個人のごみの山(shutterstock.com)

 すっかり市民権を得た「断捨離」や、近頃流行りの「ミニマリスト」(持たない暮らし)――。

 一方、たびたびテレビで特集されることがある「ごみ屋敷」「汚部屋」問題。怖いもの見たさや覗き見趣味で視聴者にウケるためなのか、芸能人の「汚部屋」も定期的に取り上げられる。

 たとえば、女優の貫地谷しほりさんは自身のブログで「片付けたときに出たゴミ袋の数が40袋!」とつづって世間を騒然とさせ、『王様のブランチ』(TBS系)では、タレントの渡辺直美さんが「部屋の片付けで100万円を使った」と告白している。

 また、政治オタクで有名なタレントの春香クリスティーンさんは、<3年間1回も掃除したことがない>部屋をテレビ番組の企画で大掃除を決行。ゴミ袋(50リットル)で52袋分ものゴミが出たという。

 「汚部屋」は個人の問題でとどまっているものの、「ごみ屋敷」は社会問題化している。どの家屋も惨状は似ており、周囲に悪臭が充満し、カビや雑菌が繁殖する光景が想像できる。

 家主自身が住めなくなるほどに屋敷を占有している<主役>は、多くが新聞や雑誌、チラシやレシート、包装紙や空き箱などの紙類だ。そして、中身が判然としないレジ袋の山脈が連なり、使い捨て容器が散見し、なかには、ネコ屋敷やイヌ屋敷の併発型も珍しくない。

 ここまでくると、一般の人が純粋に感じるのは、「家主たちは、なぜ異常なほどにものを捨てられずに大量にため込むのか」である。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛