社会問題化する「ゴミ屋敷」「汚部屋」の原因は精神疾患?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会問題化する「ゴミ屋敷」「汚部屋」の原因は精神疾患?の画像1社会問題化する個人のごみの山(shutterstock.com)

 すっかり市民権を得た「断捨離」や、近頃流行りの「ミニマリスト」(持たない暮らし)――。

 一方、たびたびテレビで特集されることがある「ごみ屋敷」「汚部屋」問題。怖いもの見たさや覗き見趣味で視聴者にウケるためなのか、芸能人の「汚部屋」も定期的に取り上げられる。

 たとえば、女優の貫地谷しほりさんは自身のブログで「片付けたときに出たゴミ袋の数が40袋!」とつづって世間を騒然とさせ、『王様のブランチ』(TBS系)では、タレントの渡辺直美さんが「部屋の片付けで100万円を使った」と告白している。

 また、政治オタクで有名なタレントの春香クリスティーンさんは、<3年間1回も掃除したことがない>部屋をテレビ番組の企画で大掃除を決行。ゴミ袋(50リットル)で52袋分ものゴミが出たという。

 「汚部屋」は個人の問題でとどまっているものの、「ごみ屋敷」は社会問題化している。どの家屋も惨状は似ており、周囲に悪臭が充満し、カビや雑菌が繁殖する光景が想像できる。

 家主自身が住めなくなるほどに屋敷を占有している<主役>は、多くが新聞や雑誌、チラシやレシート、包装紙や空き箱などの紙類だ。そして、中身が判然としないレジ袋の山脈が連なり、使い捨て容器が散見し、なかには、ネコ屋敷やイヌ屋敷の併発型も珍しくない。

 ここまでくると、一般の人が純粋に感じるのは、「家主たちは、なぜ異常なほどにものを捨てられずに大量にため込むのか」である。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔