「孤独」は「肥満」よりも健康リスクが高い! 交際ビジネスで孤独を解消?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「孤独」は「肥満」よりも健康リスクが高い! 交際ビジネスで孤独を解消? の画像1<歩きながら話すだけ>ビジネスが登場(shutterstock.com)

 先日、英国の新聞『ガーディアン』に、一人の男が紹介された。米ロサンゼルスに住むチャック・マッカーシー氏の展開するビジネスが注目されたのだ。

 マッカーシー氏のビジネスは、ただ、お客と一緒に歩きながら話しをすること。その距離に応じて、料金が加算される。メインユーザーは、働き盛りの20〜50代だ。

 レンタルフレンドやレンタル彼女といった「交際ビジネス」は、今や世界的に台頭しているが、マッカーシー氏の提供するサービスは、遊ぶでもなく、デートするでもなく、ただ歩きながら話すだけ。

 いたってシンプルで、交際ビジネスの原点といえる。それでもニーズが高まり、一人で始めたビジネスも、今では5人のスタッフで運営している。

 交際ビジネスというと、一般的には眉をひそめられがちだが、疾病予防の観点では、高齢者の訪問サービスと本質的には変わらないかもしれない。

 英国で大手のNPO財団『メンタルヘルス・ファンデーション』の報告によると、18〜34歳の若者は、55歳以上の中高年より孤独に苦しむ傾向があるという。そして、若者の方が孤独から孤立感が強まり、病気になりやすくなるそうだ。孤独が影響をする病気の多くは、長年の積み重ねだ。

 たとえば、60代で心疾患になりたくなければ、20代のうちから人との交流を持っておくと予防になるという。

 米ブリガム・ヤング大学の研究グループが昨年発表した研究報告も有名だ。300万人分のデータを分析し、「孤独による死亡リスクは、1日15本のタバコを吸うことや、アルコール依存症と同等」「肥満よりも健康リスクが高い」という報告を挙げている。

 同チームは、孤独の解消法として、「メールやSNS、オンラインは効果があるかもしれないが、機微のあるやりとりや感情面の深さは期待できない」としている。

 近年は、「おひとりさま生活」や「ぼっち充」で自分らしく生きることが評価されがちだ。ラクで幸せかもしれないが、同大学の研究では、「一人でいても幸せを感じている」と答えた人でも死亡リスクが高いことを明らかにしている。主観に関わらず、孤独は健康を害するようだ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘