「孤独」は「肥満」よりも健康リスクが高い! 交際ビジネスで孤独を解消?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「孤独」は「肥満」よりも健康リスクが高い! 交際ビジネスで孤独を解消? の画像1<歩きながら話すだけ>ビジネスが登場(shutterstock.com)

 先日、英国の新聞『ガーディアン』に、一人の男が紹介された。米ロサンゼルスに住むチャック・マッカーシー氏の展開するビジネスが注目されたのだ。

 マッカーシー氏のビジネスは、ただ、お客と一緒に歩きながら話しをすること。その距離に応じて、料金が加算される。メインユーザーは、働き盛りの20〜50代だ。

 レンタルフレンドやレンタル彼女といった「交際ビジネス」は、今や世界的に台頭しているが、マッカーシー氏の提供するサービスは、遊ぶでもなく、デートするでもなく、ただ歩きながら話すだけ。

 いたってシンプルで、交際ビジネスの原点といえる。それでもニーズが高まり、一人で始めたビジネスも、今では5人のスタッフで運営している。

 交際ビジネスというと、一般的には眉をひそめられがちだが、疾病予防の観点では、高齢者の訪問サービスと本質的には変わらないかもしれない。

 英国で大手のNPO財団『メンタルヘルス・ファンデーション』の報告によると、18〜34歳の若者は、55歳以上の中高年より孤独に苦しむ傾向があるという。そして、若者の方が孤独から孤立感が強まり、病気になりやすくなるそうだ。孤独が影響をする病気の多くは、長年の積み重ねだ。

 たとえば、60代で心疾患になりたくなければ、20代のうちから人との交流を持っておくと予防になるという。

 米ブリガム・ヤング大学の研究グループが昨年発表した研究報告も有名だ。300万人分のデータを分析し、「孤独による死亡リスクは、1日15本のタバコを吸うことや、アルコール依存症と同等」「肥満よりも健康リスクが高い」という報告を挙げている。

 同チームは、孤独の解消法として、「メールやSNS、オンラインは効果があるかもしれないが、機微のあるやりとりや感情面の深さは期待できない」としている。

 近年は、「おひとりさま生活」や「ぼっち充」で自分らしく生きることが評価されがちだ。ラクで幸せかもしれないが、同大学の研究では、「一人でいても幸せを感じている」と答えた人でも死亡リスクが高いことを明らかにしている。主観に関わらず、孤独は健康を害するようだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆