<交際ビジネス>が現代人の孤独を解消!? ついに<歩きながら話すだけ>が登場!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
222382861.jpg<歩きながら話すだけ>ビジネスが登場(shutterstock.com)

 先日、英国の新聞『ガーディアン』に、一人の男が紹介された。米ロサンゼルスに住むチャック・マッカーシー氏の展開するビジネスが注目されたのだ。

 マッカーシー氏のビジネスは、ただ、お客と一緒に歩きながら話しをすること。その距離に応じて、料金が加算される。メインユーザーは、働き盛りの20〜50代だ。

 レンタルフレンドやレンタル彼女といった「交際ビジネス」は、今や世界的に台頭しているが、マッカーシー氏の提供するサービスは、遊ぶでもなく、デートするでもなく、ただ歩きながら話すだけ。

 いたってシンプルで、交際ビジネスの原点といえる。それでもニーズが高まり、一人で始めたビジネスも、今では5人のスタッフで運営している。

 交際ビジネスというと、一般的には眉をひそめられがちだが、疾病予防の観点では、高齢者の訪問サービスと本質的には変わらないかもしれない。

 英国で大手のNPO財団『メンタルヘルス・ファンデーション』の報告によると、18〜34歳の若者は、55歳以上の中高年より孤独に苦しむ傾向があるという。そして、若者の方が孤独から孤立感が強まり、病気になりやすくなるそうだ。孤独が影響をする病気の多くは、長年の積み重ねだ。

 たとえば、60代で心疾患になりたくなければ、20代のうちから人との交流を持っておくと予防になるという。

 米ブリガム・ヤング大学の研究グループが昨年発表した研究報告も有名だ。300万人分のデータを分析し、「孤独による死亡リスクは、1日15本のタバコを吸うことや、アルコール依存症と同等」「肥満よりも健康リスクが高い」という報告を挙げている。

 同チームは、孤独の解消法として、「メールやSNS、オンラインは効果があるかもしれないが、機微のあるやりとりや感情面の深さは期待できない」としている。

 近年は、「おひとりさま生活」や「ぼっち充」で自分らしく生きることが評価されがちだ。ラクで幸せかもしれないが、同大学の研究では、「一人でいても幸せを感じている」と答えた人でも死亡リスクが高いことを明らかにしている。主観に関わらず、孤独は健康を害するようだ。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘